« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月24日 (月)

Bill Baileyとプロト・ブルース(2)

ヒューイ・キャノンのBill Bailey, Won't You Please Come Home?という歌だけれど,昔の楽譜を次のところで見ることができる.

http://library.duke.edu/rubenstein/scriptorium/sheetmusic/n/n09/n0971/

この,表紙を見ると,いかにもクーン・ソングという雰囲気だ.クーン・ソングは,ラグタイム時代の,もともとは黒人の生活習慣を誇張してバカにして笑いをとる,みたいなジャンルだったのが,やがて黒人にもコミカルな内容が受けるようになっていったもの,と理解している.

このBill Bailey, Won't You Please Come Home?,ずいぶん色々な連中に歌われている.白人ポップ歌手のボビー・ダーリンやジャズ方面の歌手なども録音している.自分の関心がある歌手では,アレサ・フランクリン,リトル・ウィリー・ジョン,ヘレン・ヒュームズ,ビッグ・ビル・ブルーンジーのバージョンを聞くことができた.

ヘレン・ヒュームズのものはベニー・カーターらジャズ屋をバックにした1959年の録音(Tain't Nobody's Biz-ness If I Do, Contemporary OJCCD-453-2)で,まるっきりジャズ仕様だ.同じようにジャズ的な作りなのがアレサ・フランクリンのものだ.彼女がColumbia在籍中,1965年に録音したものだ(The Queen In Waiting :: The Columbia Years 1960-1965, Sony SICP8072-3).これらのバージョンでは,Bill Baileyというのはジャズの曲のように聞こえるのだが,実はジャズが成立するよりも古い時代のクーン・ソングなのだ.

一方,1964年のリトル・ウィリー・ジョンのバージョン(Heaven All Around Me - The Later King Sessions 1961-1963, Ace CDCHD 1221)は,1960年代のR&Bとして違和感ないアレンジがされている.CDの解説書が指摘するように,ちょっとニューオーリンズ風味もある.

ビッグ・ビル・ブルーンジーは何度か録音している.1951年にはMercuryにビッグ・クロウフォードのベースだけをバックに,弾き語りに近いスタイルで録音している.これはそれなりに楽しく聞ける.ミシシッピ・ジョン・ハートも録音したことがあったようだし(未発表),ギターを持ったソングスターのレパートリーになることもあったのではないかな.

これらの1950年代,1960年代の録音を聞いても,プロト・ブルースらしさはよく分からない.Bill Baileyという曲,12小節の構成を持つ部分と,コーラスの部分があって,楽譜を見ると後者は16小節の構成に基づいているようだ.この16小節というのはラグタイムの定型から来てるんじゃないかと思う.それで,上に挙げた録音は,このコーラス部分だけを使っている.一方,ピーター・ミュアの本Long Lost Bluesでプロト・ブルースとして考察されているのは12小節のヴァースなのだが,戦後録音ではそこを歌わないようだ.

しかし,もっと古い録音では12小節の構成をした部分も歌われている.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bill Baileyとプロト・ブルース(1)

ブルースの,定型の12小節の構成,あれがどうやってできたのか.昔のことで,証拠がよく分からないのだから,簡単に結論しないのがよろしいと思っている.

ブルース学者のデイヴィッド・エヴァンスは,Big Road Blues (Da Capo)でブルース形式の起源について考察していて,フィールド・ハラーの要素と共に,ブルース・バラッドで使われる和音の伴奏との関連を論じている.ブルース・バラッドというのはFrankie And Albertとか,John Henryとか,Stackoleeとか,Railroad Billとか,そういうの.昔のブルースマンはよく歌いますな,こういうのを.プリ・ブルース,プロト・ブルースという言い方もある.

この手のプロト・ブルースと共通の構造を持つ曲が,1890年代から楽譜で出版されている,とピーター・C・ミュアのLong Loast Blues (The University of Illinois Press)は記している.これらの曲は12小節の構造など持っていて,ブルース形式成立との関連から注目すべき,というのは納得できる.ミュアは,これらの楽譜として出たものの中で半分近くを書いているヒューイ・キャノン(Hughie Cannon)という人物に注目している.

Hughiecannon_3 ヒューイ・キャノンという人は,1877年デトロイト生まれの白人で,優秀なラグタイム・ピアニストだったそうだ.彼の生涯は,作曲者としてヒット曲があったのに,幸福でもなかったようだ.アルコール依存になり,1912年に35歳の若さで亡くなっている.

ヒューイ・キャノンの一番有名な作品は,Bill Bailey, Won't You Come Home?という曲だ.ミュアのLong Loast Bluesはこの曲もプロト・ブルースの構造を持っているとして,よく歌われるブルース・バラッドThe Ballad Of The Boll Weevilと比較している.

このBill Bailey, Won't You Come Home?という歌,1902年に出版され,当時のヒット曲で続編みたいな曲も作られた.誰か録音してないか,と思ったら,その後何十年ものあいだ多くのアーティストが録音したアメリカン・ポピュラー・ソングのスタンダードだった,ということが分かった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »