« ブルドッグでも牛乳屋でも | トップページ | Bill Baileyとプロト・ブルース(1) »

2012年11月24日 (土)

2013年カレンダー

Blues Imageの2013年カレンダーを注文して,届いた.この何年か買ってなかったのだけど,今年はフレディ・スプルーイルの初リイシュー曲が付属CDに入る,という話なので,それはどうしたって気になる.

さて,そのCD,「フレディ・スプルーイルとウォッシュボード・サム」名義で,2曲入っている.それを聞くと...これ,歌っているのはフレディ・スプルーイルじゃないな.

その2曲,Ocean BluesとY.M.V. Blues,Blues And Gospel Records 1890-1943にはフレディ・スプルーイルの項には出ていない.では,どうなっているかというと,ウォッシュボード・サムの項に出ている.ウォッシュボード・サムの名前で出たレコードで,スムースな歌を聞かせているのは彼,というわけ.1935年の録音で,フレディ・スプルーイルはギターで参加している.ギターは二人いて,ステディにリズムを刻んでいるのがスプルーイルだろうかね.

スプルーイルの,あのえぐい歌が聞けない点ではびみょーな感想だが,まあ仕方ない.ウォッシュボード・サムだって悪くないしねえ.

さて,それ以外で自分的に好きなのはハラム・スカラム(Harum Scarum)のAlabama Scratch Parts 1 & 2.ユニット名のharumscarumというのは辞書に出ている言葉で,無鉄砲とか訳語が出ている.脳天気な名前のこの人たち,ホーカム・ボーイズとジェイン・ルーカス(Hokum Boys And Jane Lucas)と同じだ.つまり,モーツェル・アルダーソンのおしゃべり,ビッグ・ビル・ブルーンジーのギター,ジョージア・トム・ドーシーのピアノというメンバーで,Championで録音するときはホーカム・ボーイズとジェイン・ルーカスといって,Paramountに録音するときはハラム・スカラムになる,ということらしい.

それでAlabama Scratch Parts 1 & 2,既にWolfでCD化されていたが,音質が極悪だった.このカレンダーの付属CD,やっぱり原盤の雑音が多い(Paramountならでは?)けれど,だいぶマシ.曲の方はPart 1はホーカム・ボーイズとジェイン・ルーカス名義で録音したHip Shakin' Strut,Part 2はHokum Stompと同じだ.演奏の奔放さ,リラックスしたノリノリの雰囲気はホーカム・ボーイズとジェイン・ルーカス名義のもの以上で,これは素晴らしい.モーツェル・アルダーソンが本気で笑ってるんだもの.

他ではローラ・ラッカーの戦前録音は初めて聞いたかな.いろいろ関心の無かった人たちもひとりでに聞けるね.

|

« ブルドッグでも牛乳屋でも | トップページ | Bill Baileyとプロト・ブルース(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/56181060

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年カレンダー:

« ブルドッグでも牛乳屋でも | トップページ | Bill Baileyとプロト・ブルース(1) »