« Do I Have to Hesitate? (4) | トップページ | Buddy Bolden's BluesとSt. Louis Tickle (2) »

2012年10月30日 (火)

Buddy Bolden's BluesとSt. Louis Tickle (1)

1960年代の話.後にレコード・プロデューサーになったブルース・ファン,ノーマン・デイロンはテープ・レコーダーをシカゴのクラブやマックスウェル・ストリートの路上などに持ち込んで,いろいろなブルース・アーティストのライヴ演奏を録音した.現在それらは色々なCDで聞くことができて,サニランド・スリムとJ・B・レノアがFuel,ロバート・ナイトホーク,ビッグ・ジョー・ウィリアムズ,ジェイムズ・コットンらがBullseye Blues,リトル・ジョニー・ジョーンズとビリー・ボーイ・アーノルドがAlligator,という具合だ.素晴らしい瞬間がいくつもあって,貴重な記録としか言いようがない.

これらのCDの一つに,Rare Chicago Blues, 1962-1968 (Bullseye Blues CD BB 9530) があって,このCDも結構古いんだけど,もっと昔はTK RootsのLPで出てた曲が入っている.それで,好きな曲の一つがリトル・ブラザー・モンゴメリーのBuddy Bolden's Blues.ブルースというか,プリ・ブルースみたいな曲なのだけど,モンゴメリーならではの哀愁が存分に味わえて,とても良い.

Buddy Boldenというのは録音することなく亡くなった(殺された)ニューオーリンズのトランペット奏者で,モンゴメリーは1920年代にニューオーリンズにいた頃覚えたのじゃないか,なんて想像する.ニューオーリンズ・ジャズ方面で有名な曲かもしれなくて,ジェリー・ロール・モートンも1938年に国会図書館に録音している.その他ジャズ屋さんの録音があるようだ.

ところで,1897年から1925年の,古い録音を集めたCD,Stomp And Swerve - American Music Gets Hot, Archeophone ARCH 1003を聞いていたら,いきなりBuddy Bolden's Bluesみたいなメロディーが出てきた.白人バンジョー奏者ヴェス・L・オスマン(Vess L. Ossman),マンドリン奏者オードリー・ダッドリー(Audley Dudley),それにハープギター(って何だ?)のトリオが1906年に録音したSt. Louis Tickleがそれだ.

調べてみたらSt. Louis Tickleというタイトルでは古い録音が結構あって,カリフォルニア大学サンタバーバラ校の蝋管(シリンダー)レコード・アーカイヴでは,ヴェス・L・オスマンのものが2バージョン(1906年と1910年の録音.CDに入ってるのとは違う),プリンスの楽団(1905年録音)のもの,が見つかる.それ以外にも,録音ではないが,ラグタイム作曲家のスコット・ジョプリンによる自動ピアノのピアノ・ロールなんてのもあった.

St. Louis TickleがBuddy Bolden's Blues似なのは,知っている人はとっくに知っていたことのようで,ArcheophoneのCDの解説書を見ると,「ジェリー・ロール・モートンはBuddy Bolden's Bluesという名前で覚えていて,またFunky Buttとして知っている人もある」と書いている.そうか,Funky Buttという題名もあるのか.

ウチにあるCDに,Funky Buttのタイトルで録音されたものが入っていた.ミシシッピ・ジョン・ハートのものだ.

|

« Do I Have to Hesitate? (4) | トップページ | Buddy Bolden's BluesとSt. Louis Tickle (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/56006937

この記事へのトラックバック一覧です: Buddy Bolden's BluesとSt. Louis Tickle (1):

« Do I Have to Hesitate? (4) | トップページ | Buddy Bolden's BluesとSt. Louis Tickle (2) »