音楽

2017年5月28日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(5)

ビル・パーカーというドラマーが,ルイジアナで長い間活躍していて,いろいろな録音セッションに参加している.自身の録音は1950年代から1960年代にかけてGoldband等にある他,自身のレーベルOptuneでもレコードを出し,1990年にはLPも出ている.このシングル盤は1960年か61年の録音.

Bill Parker/Little Miss Peggy, Oink b/w Peggie's Blues, Goldband 1121.

Goldband1121 Oinkというのは,サックス中心の,陽気なR&Bインストゥルメンタル.Oinkって豚の鳴き声だが,サックスがぴ〜ぴっ,と頓狂な音を出すのが豚だろうかね.向こうの豚は甲高い鳴き声なんだな.

聞く価値があると思うのは,リトル・ミス・ペギーという女性歌手が歌うPeggy's Blues.リトル・ミス・ペギーって,誰だか分からないが,この頃,ビル・パーカーの録音のいくつかで歌手として起用されている.Peggy's Bluesはスロー・ブルースで,ルイジアナのブルースとしてはダウンホームでもなく,サックスも入り,ジャンプ・ブルースに近いように思う.それで,リトル・ミス・ペギーという人,目一杯の声量でシャウトしまくる.イントロが終わって,歌が始まれば,その迫力に,おおっ,と驚く.その勢いが最後まで持続するから,偉いものだ.伴奏のアレンジは少し落ち着きがないようで変てこだけれど,この豪快な歌いっぷりを聞くと,それはどうでもよくなる.有名ではないけれど,上手いと思うし,力量ある女性シャウターなんじゃないか.

ビル・パーカーは本名ウィリー・パーカー・ギドリー(Willie Parker Guidry).The Blues Discography 1943-1970によると,このレコードの伴奏陣は,サックスにD・D・ジョーンズ,ピアノにルーズベルト・ディカーソン,ギターにチェスター・ランドル,ベースにポール・ルイス,ということだそうだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(4)

前回のレコードと同じく,これもジェイ・ミラーのレーベルから出たものだけれど,時代はあれより少し古い.

Mr. Calhoun, Hello Friends, Hello Pal b/w On The Sunny Side Of Love, Zynn 508.

Zynn508 ミスター・カルフーンといったり,ポルカ・ドット・スリムといったり,ヴィンス・モンローといったりもする,この方の本名はモンロー・ヴィンセント.色々な名前で少しずつレコードを出しているけれど,単独のアルバムは無さそうだから,そう有名でもないだろう.そうではあるけれど,質の高い作品を残した人だった.

このレコードの2曲,最初に聞いたのはGonna Head For Home, Flyright LP-517というLPでのことだった.もっとも,そのLPに入っているのはシングル盤とは別テイクだった.

Hello Friends, Hello Palはミディアム・テンポのブルース.ごくダウンホームな伴奏に,よく通る美声が心地よく,とても良い出来.この声の質が抜群なので,大ヒット曲みたいなのは無くても,ミスター・カルフーンことヴィンス・モンローは忘れられない歌手ということになる.

一方,On The Sunny Side Of Loveはメロディアスな,バラッドっぽいブルース曲.ケティ・ウェブスターも同じ曲を録音していた.この曲でも,朗々と,安定感ある歌を聞かせ,良い感じに和める.適度に力の抜けたハーモニカにも味がある.

The Blues Discography 1943-1970によると,録音は1959年.メンバーは,歌とハーモニカがヴィンス・モンロー,ギターがギター・ゲイブル,ドラムがクラレンス・エティーン,ということで,ほぼギター・ゲイブルのバンドによる伴奏といえそうだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(3)

ザディコという音楽をあまり聞かないので,その方面で知らない傑作も色々あろうけれど,ザディコ・ブルースの良作として,これを推したい.

Bobby Price with Fernest and the Thunders, Mean, Mean Woman b/w It's All Right, Blues Unlimited 2006.

Bluesunlimited2006 1976年のレコードで,レーベルは有名プロデューサーのジェイ・ミラーのもの.伴奏のファーネスト・アンド・ザ・サンダーズというのは,アコーディオン奏者のファーネスト・アーセノーのバンド,というよりアーセノーのバンドの専属歌手がボビー・プライス,という関係だったそうだ.ファーネスト・アーセノーは何枚かアルバムを作り,ヨーロッパ・ツアーなどもしたから,ザディコの方では人気者だったと言える.ボビー・プライスの方はこのレコードの後,独立して自分のバンドを持ったが,あまり上手くいかなかったようだ.

Mean, Mean Womanは,モダン・ザディコ・ブルース,といえば,まあ当たらずとも遠からず.落ち着きあるスムースなスロー・ブルースで,次第に熱を帯びるヴォーカルがなかなかのもの.これを聞く限りボビー・プライスという人は優秀な歌い手だったように思える.ホーンが入りそうな曲調で,アコーディオンとラブボードがサポートするのがローカルな味わい.

ファーネスト・アーセノーのBlues Unlimitedへの録音はFernest and the Thunders, Blues Unlimited LP-5005というLPにまとめられている.そのLPにMean, Mean Womanも入っている.ただし,シングル盤のものとは別テイクだ.いや,そのLPを持ってはいないのだけれど,ネット上の某所に上がっているのを聞いたら間奏とか,その後の歌詞とか,あちこち違っていた.別テイクでも悪くはないから,LPの方がお買い得感はあるかも.

It's All Rightは軽快なR&B.なんとなくボビー・ブランドのThat's The Way Love Isなんてのを思い出した.普通ならホーンが担当しそうなところがアコーディオンで奏でられる.こちらもLPに入っている.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(2)

今度は生きていて,今も元気な人を.

Classie Ballou, All Night Man b/w Jealous Women, Lanor 593.

Lanor593 クラッシー・バルーは1937年8月21日生まれ.前回のギター・ゲイブルは1937年8月17日生まれだから,ゲイブルより4日だけ年下だ.もうすぐ80歳になるが,今でもCDを作り,ライヴ活動もしているようだ.10代にしてブーズー・シャヴィスの代表作Paper In My Shoeのセッションに参加し,1950年代からGoldband,Excello,Nasco,Soulsvilleなどでレコードを残してきた.このLanor盤は1983年の録音.1980年代ルイジアナ・ブルースの傑作だと思っている.

All Night Manはけだるい中に,ルイジアナの気候も想像させるような,じわっとくるスロー・ブルース.演奏は,ギターが3本使われ,1つはスライド・ギターで,それに生ハーモニカも絡んでくるというダウンホーム仕様.むずむずするリズムをバックに太い声でバルーが歌う.すごく上手いというのではないが,ローダウンな感覚がとてもよい.

Jealous Womenはアコーディオン,ラブボードが加わり,軽快なソウル風ザディコになっている.親しみやすいメロディーで,和む.

伴奏メンバーは分からないが,Jealous Womenのアコーディオンはプレストン・フランクという人だそうだ.両面ともAll Night Man, Krazy Kat KK800というLPに収録されていたそうだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(1)

今年の1月28日,ルイジアナ州オペルーサスでギター奏者,ギター・ゲイブルが亡くなっている.彼は1937年8月生まれ,79歳だったそうだ.

Guitar Gable, This Should Go On Forever b/w Please Operator, Excello 2153.

Excello2153 これはギター・ゲイブルの名前でExcelloから出たシングルとしては最後,6枚めのもの.他のシングル盤と同様に歌っているのはキング・カールだ.

This Should Go On Foreverはニューオーリンズにありそうな,跳ね気味のリフを持ったR&Bバラッド.欠点なく制作されている,という感じ.つやつやした声のキング・カールの歌がよい.曲の作者にはプロデューサのジェイ・ミラーと,キング・カールの本名バーナード・ジョリヴィートの名前が記されている.曲を作って,歌っているのがキング・カールだから,ギター・ゲイブルの貢献度は少なそうだが,イントロや間奏で良く響くギターを聞かせていて,ちゃんと仕事をしている.

電話のベル音の擬音も入るPlease Operatorは哀愁たっぷりのルイジアナR&Bバラッド.ギター・ゲイブルの曲では,ローカル・ヒットになったLife Problemというのがあるが,同じようなパタンの作品だ.良い出来だと思われる.間奏のゲイブルのギターの音色にも哀愁が感じられる.

昔,Guitar Gable with King Carl, Cool Calm Collected, Flyright FLY599というLPで2曲ともリイシューされたことがある.1957年2月の録音,ということはゲイブルは19歳か,若いなあ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

もっと熱い

前回の盤ではロニー・ブルックスが歌って,ビリー・ザ・キッド・エマーソンが伴奏をしていたけれど,今度は逆にエマーソンが歌ってブルックスが伴奏しているレコード.

Billy (The Kid) Emerson, I Took It So Hard b/w Every Woman I Know, Tarpon 6601.

Tarpon6601 歌手でキーボード奏者のビリー・エマーソンが得意とするのは,R&Bか,そうでなければロックンロール,というところだろうか.1950年代からSun,Vee-Jay,Chessで良い曲をいくつも残していて,優秀な音楽家なのだけれど,あまりブルースらしいブルースはない.

ロニー・ブルックスがギターを弾いているのはEvery Woman I Knowの方.高速なロッキン・ブルースか,それともロックンロールか,という曲だが,息が詰まるような勢いと熱気で,なかなかすばらしい.ロニー・ブルックスはキン,キンとリズムを刻むだけなのだが,演奏の熱さに貢献している.エマーソンの歌とオルガン,ベースにノーラン・ストラック,間奏でソロを吹くテナー・サックスがジョー・エヴァンズ,ドラムにはジェローム・ハリスというメンバーで1964年に録音されている.

エマーソンはEvery Woman I Knowを1955年にVee-Jayに録音していて,このTarpon盤は再録音ということになる.曲のエネルギーみたいなのでは,Tarponの再演の方がVee-Jayのオリジナル版を上回っているのではないか.Vee-Jayの録音はドイツBear Familyのリイシュー盤,Red Hot(Bear Family BCD16937)に入っていて,整った演奏だけれど,Tarpon録音を聞いた後では緩いようにも聞こえる.

I Took It So Hardは,ニューオーリンズっぽさも感じるゆったりしたR&B.The Blues Discography 1943-1970は1960年にMadレーベル向けに行ったセッションで録音されたもの,としている.Bear FamilyのCDの解説書には,Madレーベルで録音したテープの,ヴォーカル部分を再録音してTarponで出したと書かれているから,ヴォーカルだけは1960年より後の録音かもしれない.

Tarponというのはエマーソン自身のレーベルで,デニス・ラサールやマット・マーフィーのレコードも出ている.エマーソンの出生地はフロリダ州ターポン・スプリングズというところだから、レーベル名はその関係だろう。

ビリー・ザ・キッド・エマーソンに関しては,Sun,Vee-Jay,Chess,Madの録音を復刻した33曲入りのBear FamilyのCDが良い情報源になる.

ドイツBear Familyと言えば,同社から先週荷物が届いてねえ.それが,CD44枚組という,えらいものを売り出すものだ.その話もどこかで書くか,書かないか,考え中.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

また有名人が(続き)

亡くなったロニー・ブルックスの盤をもう一つ.

Lonnie Brooks, Figure Head b/w I'm Not Going Home, USA 789.

Usa789 Figure Headの方は,シカゴ・ブルースの25年(P-Vine PCD-2130/2131/2132)などでディジタル・リイシューされているから知られているだろう.1960年代のシカゴ・スタイルのブルースなのだけれど,覚えやすいリフを使い,展開にも変化を付け,R&Bっぽさもある.曲の作者にはビリー・ザ・キッド・エマーソンの名前も見えるけれど,彼のアイディアとブルックス自身のバックグラウンドが組み合わさってユニークな作品になったのだろう.

I'm Not Going Homeもビリー・ザ・キッド・エマーソン作.快活なR&Bで,メロディーもややポップな感じだから,この曲はブルースのコンピレーション・アルバムには入らないだろう.それでも,そう悪い曲ではなく,それなりに楽しく聞ける.

The Blues Discography 1943-1970によると1964年の録音で,キング・エドワードとノーラン・ストラックの兄弟がギターとベース,曲を作ったビリー・エマーソンがオルガン,ジェローム・プライスがドラム,となっている.ううむ,それでは,I'm Not Going Homeで入るサックスは誰なのだろう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

また有名人が

ジェイムズ・コットン,チャック・ベリーときて,誰かが死ぬと書く,という方針ではないのだけれど.

Lonnie Brooks, Demonstrating b/w One Sunny Day, Chirrup 501.

Chirrup501 歌手でギタリストのロニー・ブルックスが4月1日,83歳で亡くなったそうだ.1950年代にはルイジアナでギター・ジュニアの名前で活躍し,Family RulesやThe Crawlといった作品を残し,1959年にシカゴに移住する.1960年代にシングル盤を何枚か出した後,1969年にCapitol,1970年代以降はBlack & Blue, Second City,Alligatorとアルバムを出しつづけ,シカゴ・ブルースマンとしては有名人という印象だった.ルイジアナのルーツも見せれば,ファンキーな面もあって,Alligatorの作品も充実していた.

さて,このChirrup盤,まずThe Blues Discograpy 1943-1970の訂正から始める必要がある.同書はこのChirrup 501をChess 2028と同じものとしていて,DemonstratingをChess盤のLet It All Hang Outであるとしている.しかし,これは誤りで,DemonstratingはLet It All Hang Outとは全く違う曲だ.一方,One Sunny Dayの方はChirrupとChessで同じ録音を使っている.ということで,次のように記されるべきであろう.

0011      Demonstrating       Chirrup 501
0012/16311 One Sunny Day       Chirrup 501, Chess 2028
16322     Let It All Hang Out     Chess 2028

Demonstratingはなかなかの傑作だろう.ブルースが下地にあるジャンプ・ソウル・ナンバーという曲だが,かなり恰好よい.豪快な声や歌いっぷり,短いがギター・ソロもあって,すべて良いと思う.

One Sunny Dayの方はスロー・ブルース.決定的なものはないかもしれないが,真摯に歌われていて,引き込まれる.この作品がThe Real Chicago Blues Today - 60's Style, Chess PLP-6083のLPでリイシューされたのはもう30年近く前のことだ.

1967年録音で,ジョー・エヴァンスのテナー・サックス,デトロイト・ジュニアのピアノ/オルガン,ピート・ランドルフのベース,ハロルド・タイドウェルのドラム,というメンバー.Chirrupではもう1枚,522という番号でソウル風のレコードも出ている.
Chess2028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

ロックンロールの大御所ができるまで

チャック・ベリーの死は日本国でもそれなりに報道された.アイディア豊富で,キャッチーな,誰もが親しめる歌を作る彼の才能は抜群だった.MaybelleneSchool DayNo Money DownJohnny B. Goode,いろいろ良い曲があった.

亡くなったのでチャック・ベリーのシングル盤を,と思ったけれど,1973年のこれしか持ってない.意外と良いと思っているんだけど.

Chuck Berry, Bio b/w Roll 'Em Pete, Chess 2140.

Chess2140 チャック・ベリー(自伝),中江昌彦訳,音楽の友社,を読めば色々なブルース歌手の名前が出てきて,古い人気ブルース歌手が彼の音楽の土台になっていることが分かる.エルモア・ジェイムズを見たときのことなんかも自伝に書かれていて(p.133),ベリーとしてもエルモアは印象に残るブルース歌手だったようだ.まあエルモアを直に見たとあっては当然か.Bioは,そのエルモア・ジェイムズ風のブルース曲.曲名の通り,セントルイスにいた頃から始まって,マディ・ウォーターズとの出会いとか,自らのバイオグラフィーを歌い上げる.当然,エルモアみたいな凄みはないけれど,ちゃんと真剣に歌われたブルースだと思う.努力の末国際的なスターとなった感慨なども感じられるのではないか.

自伝にはビッグ・ジョー・ターナーを1943年に見たときのことも書かれている(p.338).Roll 'Em Peteはそのビッグ・ジョー・ターナーがピート・ジョンソンとのコンビで1938年に録音した曲.これが,歌の文句はターナーと同じだけれど,オリジナルとはがらっと変わって,見事にチャック・ベリー調のロックンロールに仕上がっている.痛快な解釈というか,このスタイルなら外さない.

Roll 'Em Peteも,ベリー自身のスタイルのオリジンを語る,バイオグラフィーみたいなものかもしれない.ターナーとジョンソンがその圧倒的な声量とブギウギ・ピアノで表したものを,ベリーが自分でできるやり方でやってみたら,ひとりでにチャック・ベリー調ロックンロールになった,ということじゃないか,などと思う.あるいはベリー自身は,オリジナル通りのつもりなのかも,などとも考える.ピート・ジョンソンとチャック・ベリーは紙一重じゃないかとか.こういうのは妄想なのだろうけれど.

昔,シングル盤のことなど何も分からなかった頃,横浜のレコード屋で米国輸入の中古シングル盤が大量に安く売られていたことがあった.このChess盤,その中から拾ってきた.もう三十何年か前のことだったろう.なかなか懐かしい.

Chuckberrynews02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

ハーモニカ一代

3月16日,ハーモニカ奏者で歌手のジェイムズ・コットンが亡くなったそうだ.81歳だった.故人を偲ぼう,と思ったが,彼のシングル盤で持っている2枚(これこれ)のことは既に書いてしまった.代わりに何かコットンが伴奏者として活躍している盤を,ということで.

Muddy Waters, Take The Bitter With The Sweet b/w She's Into Something, Chess 1733.

Chess1733 スロー・ブルースのTake The Bitter With The Sweetだが,この重量感は,さすがにマディ・ウォーターズのChess録音らしいレベルの高いもの.ばしっ,ばしっと杭を打ち込むようなフランシス・クレイのドラムも印象的だし,どのパートも良いのだが,ジェイムズ・コットンのハーモニカ,パット・ヘアのギターが音楽に与える緊迫感は相当なもの.それらをバックにマディが吠える.以前は,この1950年代後半のマディの歌い方を大仰なように思ったこともあったけれど,今では,これはこれで良いのじゃないか,と思っている.

Take The Bitter With The Sweetの作者はセントルイス・ジミーことジェイムズ・オーデンとなっている.セントルイス・ジミー自身は,どうやら録音していないようだ.

She's Into Somethingはラテンっぽいリズムを使った曲.重いスロー・ブルースの裏面にはこういうのが必要だろう.間奏ではジェイムズ・コットンの元気なソロを聞ける.

2曲とも1959年6月の録音.ジェイムズ・コットンはこのとき23歳,あと一月で24歳という若さだった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧