« 20年間の軌跡 | トップページ | 出版物から(1) »

2017年8月28日 (月)

偉大な先駆者

ブルース音楽に関する研究の草分け,ポール・オリヴァー氏が亡くなったそうだ.90歳だったそうだ.一昨年にはサム・チャーターズも亡くなったし,ミュージシャンだけでなくブルース音楽の魅力を文章で伝える人の方も,まあ,段々とね.

氏の著書では,ブルースの歴史(晶文社),ブルース―アフリカ(晶文社),ブルースと話し込む(世紀音楽叢書),が日本語になっていると思われる(他にもあるかな?).特に「ブルースの歴史」と「ブルースと話し込む」は,日本人がブルース音楽を理解するための手がかりとして,欠くべからざるもの,であろう.他にもScreening The Blues, Blues Fell This Morning, Songsters And Saints, と重要な著作がある.それにレコードの監修,解説も数多くあった.

Screening The BluesとかBlues Fell This Morningの目次を見れば,クリスマスとブルース,宗教とブルース,賭け事とブルース,ヒーローとブルース,エロとブルース,旅とブルース,迷信とブルース...ブルース音楽に関する面白そうなテーマはオリヴァー氏がみな手を付けているではないか.それに,ソングスターが残した作品のルーツを探りながらレイス・レコーズ以前のアフリカン・アメリカン音楽の状況に迫るSongsters And Saintsも他に類のない力作だった.

音楽評論の仕事は,1952年のJazz Journalに掲載された記事が最初(Blues Off The Record, Da Capo)だそうだが,以後,英国の大学で建築学の研究を本業としながら,音楽の方でも,「ブルースと話し込む」のような密度の高い仕事をしてきたのだから,大変なエネルギーの持ち主だった.本人は建築学と音楽の関係について,建築の方ではvernacular architectureが専門で,ブルースもveranacular(土地に特有の)な音楽だし,みたいなことを書いていた(これもBlues Off The Record).

1997年には日本にやってきて,金沢市で開催された国際ポピュラー音楽学会大会で講演をしている.そのときの予稿は翻訳され,現代詩手帖1997年10月号に掲載されていたりする.ブルース音楽とネイティブ・アメリカンの関係,という内容で,関係は結局よく分からないようなのだが,着眼点はさすがに面白い.

オリヴァー氏の著作,これを機会に読み直すのもよいのではないか.

|

« 20年間の軌跡 | トップページ | 出版物から(1) »

コメント

ポール・オリヴァさんが日本に来ていたとは知らなかった。Blues雑誌をほとんど見ていなかったので、諸氏の消息も知りません。アメリカ黒人音楽評論で、彼らに続く若手はいるのでしょうかね?
今読むとチャーターズ、オリバー、カイルなども突っ込みどころがいっぱい出てきているので、あらたな音楽史を書く人が居てもおかしくない。
YouTubeのおかげでアフリカ音楽もいっぱい聞いたり見たりできて、アフリカからアメリカに持ち込まれた要素も研究しやすい。もっとも今はアメリカの影響をアフリカが受けている面もあるので、テーマはいっぱいある。
まあブルースとかに限定してしまうとアフリカ要素よりもアメリカ白人から学んだ部分の方が大きいかもしれないけど。

投稿: LazyDog | 2017年8月29日 (火) 21時07分

> 彼らに続く若手はいるのでしょうかね?

近頃も本は色々な人が出しているようですが,追いかける時間が無くて,よくわかりません.今は1人のライターが幅広く歴史を語るというよりは,特定のアーティスト,レーベル,スタイルに突っ込んだ本が多くなっているような印象があります.

色々新事実をぶっこんだ決定版を日本語で,つうのは無理ですかね.

投稿: BackDoorO | 2017年8月29日 (火) 22時12分

ジムオニールがミシシッピーで育ったのに黒人音楽は知らなかったように、前述の音楽評論家もR&Bヒットチャートに出てくるLP発売されているようなブルース中心で黒人音楽を語っていたので、実はローカルなインディーズでどんな音楽があるのか知らなかったのが実情です。
新事実というほどではないですが、ローカルインディーズの実態が明らかになれば書くことは出てくると思うのですが、音源が手に入らなければ読者にとっては意味がありませんからね。
Caillierなどは新人・ベテラン含めてすごくいいオリジナルブルースがLPにできるほどの数はでています。特に1980年代はデトロイトの不況などから黒人が南部に移住するようになり、80年代の南部ブルースはちょっとした充実期になりました。そこらへんはまだ追いかけている音楽評論家はいない。

投稿: LazyDog | 2017年8月30日 (水) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/65722529

この記事へのトラックバック一覧です: 偉大な先駆者:

« 20年間の軌跡 | トップページ | 出版物から(1) »