« ワイルド・アトランタ・ブルース | トップページ | 今は地下6フィート »

2017年7月23日 (日)

ナッシュビルの片隅で

テネシー州ナッシュビルのブルースやらR&Bやらずいぶんリイシューされたと思うけれども,コレはどうだろう.CDとかで聞いたような記憶がない.

Morris Bailey and the Thomas Boys, Tell Me Why b/w Calendar Hanging On The Wall, Bailey Records 500.

Bailey500 アーティスト名がBaileyでレーベル名もBaileyだから,これはアーティスト自身のレーベルなのだろう.しかし,モリス・ベイリーなんて言われても,誰だかさっぱり分からない.

ナッシュビルのブルースには色々と幅があって,ロスコー・シェルトンみたいなソウル・ブルース的なものもあれば,シャイ・ガイ・ダグラスみたいなハーモニカ入りダウン・ホーム・ブルースもある.このモリス・ベイリーのレコード,1960年代のナッシュビル・ブルースの中でも極端な方で,かなり驚いた.

編成は本人の歌とギター,もう1本のギター,ハーモニカ,以上.カントリー・ブルースに近いようなもので,1960年代に,このスタイルの音楽をよくシングル盤として出したものだ,と感心する.レコードにするくらいだから,こういう音楽が1960年代のナッシュビルのどこかで,演奏され,人気があったのか.

Tell Me Whyに針を降ろせば,イントロからたちまちローダウンな雰囲気に飲み込まれる.よくカバーされるThat's All Rightのタイプのスロー・ブルースだが,ざくっざくっと重々しいリズム,渋い声,それに終始絡まる生ハーモニカが合わさって,何だか大変な雰囲気になっている.1947年のオサム・ブラウンの録音を思い出したりもする.演奏の技量が極上とは言えないかもしれないが,貴重な音楽の記録のように思われる.

Calendar Hanging On The Wallの方はアップテンポのブルースになるが,こちらも超ダウンホームな仕上がり.

The Blues Discography 1943-1970は1962年ごろにナッシュビルで録音されたもの,としている.知られざる逸品ではないかなあ。

|

« ワイルド・アトランタ・ブルース | トップページ | 今は地下6フィート »

コメント

同じものがMellnee500としても出ていて、そちらの方が珍しいし古いようにみえる。Rocky Mountain Music BMI とある。Baileyはこれがないのが不思議。Mellneeが不発だったんで自分で出したのではないかな。
ヨーロッパの怪しいコンピCDには入っていたが、それらも入手j困難か?

投稿: LazyDog | 2017年7月25日 (火) 10時25分

CD ありますね。
http://bluebeatmusic.com/product_info.php?products_id=19140
Juicy Harmonica- Volume 3 [ Sundown4003 ]
あやしそうだけど。

投稿: LazyDog | 2017年7月25日 (火) 22時27分

あーSundown、昔LPを買ったはず、と、探してみたら、Suckin' and Blowin'(Sundown 709-03)というLPにTell Me Whyが入っていました。これ、1回くらいしか聞かなかったので、すっかり忘れていました。

> Mellnee500...

うーん、ちょっと正体の手がかりにはなりにくいなあ。

投稿: BackDoorO | 2017年7月26日 (水) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/65570869

この記事へのトラックバック一覧です: ナッシュビルの片隅で:

« ワイルド・アトランタ・ブルース | トップページ | 今は地下6フィート »