« ルイジアナ・ブルースのいろいろ(8) | トップページ | ルイジアナ・ブルースのいろいろ(10) »

2017年6月25日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(9)

この人は,ルイジアナの歌手の中で,オブスキュアな方だろうか.

Joe Richards, Dreaming Dreaming b/w You'ld Better Change, Carl 504.

Carl504 ルイジアナ州オペルーサスのレーベルから出たもので,1962年オペルーサス録音.ジョー・リチャーズは,このレコードを出した後,ジョー・リッチという名前でクロウリーのT-Birdから1枚出して,シングル盤はその2枚で全部のようだ.

昔々のことだが,T-Bird録音の方が,ブルース─その源流のさすらい人,第1巻,London(J) GXF2001,というLPで紹介されていて,そのLPのおかげで,この人の名前をどうやら記憶していた.

Dreaming Dreamingはスリム・ハーポのRaining In My Heartみたいなタイプの曲.結構良い声をしていて,ほのぼのとしたところも,哀愁もあって,ナイスなルイジアナR&Bではある.けれど,すごく印象に残る個性があるかというと,どうもなあ.ジョー・リチャーズは,この歌をT-Birdでも再演している.聞き比べると,T-Birdの方は,このCarl盤より少しゆっくりしているかな,というくらいで特にどちらの出来が良いということもない.

You'ld Better Changeの方は,ロックンロールっぽさもある,速いテンポのロッキン・ブルース.スリム・ハーポとかでもこんなのがあったな,などと思う.なかなか楽しく聞ける.ハーモニカが好演しているのだが,デイヴィッド・“ディー・ディー”・グラドニゴという,あまり有名じゃなさそうな人が吹いている.The Blues Discography 1943-1970を見ると,彼のハーモニカ演奏を聞けるのは,他にはロスコー・シェニエの2曲と,ロンサム・サンダウンのあまり有名でない曲くらい,のようだ.

You'ld Better Changeの方はUK AceのRhythm n Bluesin By The Bayou Rompin' & Stompin', Ace CDCHD 1388,T-Bird録音はBluesin' By The Bayou, Ace CDCHD1368,More Louisiana Swamp Blues, Flyright CD 24などのCDで復刻されている.

|

« ルイジアナ・ブルースのいろいろ(8) | トップページ | ルイジアナ・ブルースのいろいろ(10) »

コメント

もう一枚Teardrop3004が手元にあります。他にもあるかもしれない。珍しさはどれも似たようなもので、excelloと変わりないのでは? ただexcelloから出たとしてもおかしくないような曲は、ルイジアナ近辺でもそう多くはないのでうれしい人です。

投稿: LazyDog | 2017年6月27日 (火) 00時57分

ああ、Teardropにありましたか。こういうのは昔からイギリス人とかが調べ尽くしてるんじゃないか、と思っていましたが、The Blues Discographyには載っていませんね。知りませんでした。The R&B Indiesにはリストされています。

投稿: BackDoorO | 2017年6月27日 (火) 20時27分

The Blues Discographyの最新のものはもっていないのですが、有名どころの録音はかなり網羅してはあるものの、一生に45rpmを何枚か出しているようなBluesマンは半分も掲載されていないし、載っている人でもカバー率は8割くらいとみたらいいかもしれない。これは感覚です。
まあマイナーなレーベルは何が出されていたかいまだにつきとめられていなくて、番号順にリストが作れないところが多いでしょうね。

投稿: LazyDog | 2017年6月27日 (火) 22時36分

まあ、そんなところかもしれませんね。マイナーなのは、何があるのか分からない、でしょう。

The Blues Discograpy 1971-2000になると、ほぼアルバム・アーティスト用みたいで、私のレベルでも70年代、80年代のシングルはよく分からないのが結構あります。

投稿: BackDoorO | 2017年6月28日 (水) 19時54分

彼の2枚のレコードは大切にしています。Carl盤は3枚持っています。得がたい魅力があります。他にレコードがないかと、jay Richardsのレコードを買ってみたりしたものです。Teardrop盤はGoldbandにレコードがあるJay Richardsのことではないですか?

投稿: 長岡KH | 2017年6月28日 (水) 20時53分

TeardropのはJay Richardsという名前になっているようですね。聞いたことがないので、ちょっと判断がつきません。

投稿: BackDoorO | 2017年6月28日 (水) 22時16分

soulful kinda のLabel Discographiesをみたところ、Teardrop3004は?になっていました。年代はピッタリ1962あたりですが。あと1970年代ではチカノに舵を切ったらしく、判明していないのが多いみたい。おもしろいことにそのころは他社のbluesの再発もみられる。

投稿: LazyDog | 2017年6月29日 (木) 03時32分

45catには写真入りで、JayRichardsとなってますね。曲はJewel731 – Butch Andrews – Sneaking Home 類似ですが、改めて聞くと白人JayRichardsとも思えますね。TeardropはJoeRichardsは間違いのようで、もう一枚の方を探してみます。

投稿: LazyDog | 2017年6月29日 (木) 14時36分

もう一枚もJoeRichではなく、JayRichard(Cadette)でした。Teardrop/CadetteともにニューオリンズR&B/Bluesなので混同してしまいました。こちらの方がJoeRichよりも声が若いです。
45音源からキャプチャした際に索引をミスタイプしたようです。現物は倉庫なので、ラベルのスキャンをしなきゃイカンなぁと思っていた矢先でした。

投稿: LazyDog | 2017年7月 1日 (土) 22時53分

そうでしたか。それでも、またジョー・リッチの3枚め、4枚めがどこからか出てくるかもしれませんよ。レコードは何が出るか分からない、と何かで読みましたが、戦前ブルースでも近年に新発見があるくらいですから。

投稿: BackDoorO | 2017年7月 1日 (土) 23時54分

sly williams の45も60年くらいたった今年みつかりましたからね。

投稿: LazyDog | 2017年7月 3日 (月) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/65457338

この記事へのトラックバック一覧です: ルイジアナ・ブルースのいろいろ(9):

« ルイジアナ・ブルースのいろいろ(8) | トップページ | ルイジアナ・ブルースのいろいろ(10) »