« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月25日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(9)

この人は,ルイジアナの歌手の中で,オブスキュアな方だろうか.

Joe Richards, Dreaming Dreaming b/w You'ld Better Change, Carl 504.

Carl504 ルイジアナ州オペルーサスのレーベルから出たもので,1962年オペルーサス録音.ジョー・リチャーズは,このレコードを出した後,ジョー・リッチという名前でクロウリーのT-Birdから1枚出して,シングル盤はその2枚で全部のようだ.

昔々のことだが,T-Bird録音の方が,ブルース─その源流のさすらい人,第1巻,London(J) GXF2001,というLPで紹介されていて,そのLPのおかげで,この人の名前をどうやら記憶していた.

Dreaming Dreamingはスリム・ハーポのRaining In My Heartみたいなタイプの曲.結構良い声をしていて,ほのぼのとしたところも,哀愁もあって,ナイスなルイジアナR&Bではある.けれど,すごく印象に残る個性があるかというと,どうもなあ.ジョー・リチャーズは,この歌をT-Birdでも再演している.聞き比べると,T-Birdの方は,このCarl盤より少しゆっくりしているかな,というくらいで特にどちらの出来が良いということもない.

You'ld Better Changeの方は,ロックンロールっぽさもある,速いテンポのロッキン・ブルース.スリム・ハーポとかでもこんなのがあったな,などと思う.なかなか楽しく聞ける.ハーモニカが好演しているのだが,デイヴィッド・“ディー・ディー”・グラドニゴという,あまり有名じゃなさそうな人が吹いている.The Blues Discography 1943-1970を見ると,彼のハーモニカ演奏を聞けるのは,他にはロスコー・シェニエの2曲と,ロンサム・サンダウンのあまり有名でない曲くらい,のようだ.

You'ld Better Changeの方はUK AceのRhythm n Bluesin By The Bayou Rompin' & Stompin', Ace CDCHD 1388,T-Bird録音はBluesin' By The Bayou, Ace CDCHD1368,More Louisiana Swamp Blues, Flyright CD 24などのCDで復刻されている.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(8)

これはLPからのシングル・カットなのだそうだけれど,ナイス・ブルース.

Tabby Thomas, Welfare Blues b/w Leave It Like It Is, Maison De Soul 45-1027.

Maisondesoul1027 以前にも書いたように,タビー・トーマスは,色々なことをするR&B歌手,のようだが,ときどき良いブルースがある.彼は,1980年代にMaison De SoulレーベルにLPを3枚録音しているそうだ.これらを,昔どこかのレコ屋で見たかもしれないが,何となく持っていない.これは,そのうち1枚め,Rockin' With The Blues, Maison De Soul LP-1010に入っているもの.

Welfare Bluesはスロー・ブルース.Welfare Bluesといっても,福祉行政に不満を言うとかいう内容ではなく,福祉窓口の列に並んでいた女といい仲になったが,それが,...という男女間の歌になっている.モダンで,スムースな作りの曲で,なかなか良い味わいの曲だと思う.

Leave It Like It Isはミディアム・テンポのソウル曲.楽曲は悪くないけれど,トーマスの歌が,ちょっと曲に合わないようだ.

1984年の録音.本人の歌,オルガンの他,ヘンリー・グレイのピアノも入り,クリス・トーマスもギターかドラムで参加しているようだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(7)

前回に続いてアコーディオンの入るものを.

J. J. Caillier, Baby, Scratch My Back b/w Bring It On Home To Me, Caillier 8600.

Caillier8600 ええと,このJ・J・ケイリアー(と読むんですかね)という人だが,現在この名前で活躍しているザディコ・ミュージシャンは1967年生まれのJ. J. Caillier IIIという人だ.このレコードを作ったのは,その人なんだろうか?1984年デビュー,ということだから,まあこのレコードを出したとしても辻褄は合う.

とはいうものの,選曲がスリム・ハーポの有名曲に,サム・クックの超有名曲,って1967年生まれとしては懐メロ的じゃないかね.ひょっとして,先代の,今のJ・J・ケイリアーの父親じゃないか,などと考えたりする.

音楽の方だけれど,スリム・ハーポのBaby, Scratch My Backが,かなりいいんじゃないかと思っている.単純だけどノリの良いリフを,素朴なアコーディオンの音色でいつまでも反復して,それに語りが入る,という音楽.これが,妙な吸引力があって,ひとりでに体も動こうというもの.なんかローカル・ダンス音楽の恐るべき底力を伝えているぞ.

Bring It On Home To Meの方は,特にソウルフルってこともないが,アコーディオンが素朴に絡むのは悪くない.

R&B Indiesを見ると,Caillierレーベルは1975年からレコードを出しているようで,レーベル・オウナーがJ・J・ケイリアー.これは当代のJ・J・ケイリアーの父親じゃないと時代が合わないのではないか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(6)

引き続きビル・パーカーというルイジアナのドラム奏者のことだけれど,Goldbandレーベルに録音していた頃からおよそ30年,自分のレーベルを作って出したレコードがこれ.

Bill Parker, I Know I'm In Love b/w The Things You Do, Optune 279.

Optune279 このレコード,写真付きのスリーヴが付いてた.その写真というのが,アコーディオンを抱えているのだが,あんた,ドラマーじゃなかったのかい?

それで,レコードのレーベルにはZydecoともR&Bとも書かれていて,本人の演奏なのかどうか,アコーディオンも入る.ザディコなら売れる,と思ったか?両面とも曲の作者とプロデュースはウィリー・P・ギドリー,つまりビル・パーカー自身となっている.

I Know I'm In Loveは確かにザディコでR&Bという感じ.にぎやかで,楽しく聞ける.パーカー自身が歌ってはいるが,これが弱点.残念ながら,歌はかなりダメな方だ.

The Things You Doはちょっと甘口のブルース・バラッド.まあ,雰囲気的には悪くないような...ただ,これもパーカーの歌が素人っぽいのが減点材料.

ということで,The Things You Do, Optune LP-0261というアルバムも出してはいるが,これ以上この人の歌を聞きたいか,と言われると,ビミョーなところ.

Billparker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ