« ルイジアナ・ブルースのいろいろ(4) | トップページ | ルイジアナ・ブルースのいろいろ(6) »

2017年5月28日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(5)

ビル・パーカーというドラマーが,ルイジアナで長い間活躍していて,いろいろな録音セッションに参加している.自身の録音は1950年代から1960年代にかけてGoldband等にある他,自身のレーベルOptuneでもレコードを出し,1990年にはLPも出ている.このシングル盤は1960年か61年の録音.

Bill Parker/Little Miss Peggy, Oink b/w Peggie's Blues, Goldband 1121.

Goldband1121 Oinkというのは,サックス中心の,陽気なR&Bインストゥルメンタル.Oinkって豚の鳴き声だが,サックスがぴ〜ぴっ,と頓狂な音を出すのが豚だろうかね.向こうの豚は甲高い鳴き声なんだな.

聞く価値があると思うのは,リトル・ミス・ペギーという女性歌手が歌うPeggy's Blues.リトル・ミス・ペギーって,誰だか分からないが,この頃,ビル・パーカーの録音のいくつかで歌手として起用されている.Peggy's Bluesはスロー・ブルースで,ルイジアナのブルースとしてはダウンホームでもなく,サックスも入り,ジャンプ・ブルースに近いように思う.それで,リトル・ミス・ペギーという人,目一杯の声量でシャウトしまくる.イントロが終わって,歌が始まれば,その迫力に,おおっ,と驚く.その勢いが最後まで持続するから,偉いものだ.伴奏のアレンジは少し落ち着きがないようで変てこだけれど,この豪快な歌いっぷりを聞くと,それはどうでもよくなる.有名ではないけれど,上手いと思うし,力量ある女性シャウターなんじゃないか.

ビル・パーカーは本名ウィリー・パーカー・ギドリー(Willie Parker Guidry).The Blues Discography 1943-1970によると,このレコードの伴奏陣は,サックスにD・D・ジョーンズ,ピアノにルーズベルト・ディカーソン,ギターにチェスター・ランドル,ベースにポール・ルイス,ということだそうだ.

|

« ルイジアナ・ブルースのいろいろ(4) | トップページ | ルイジアナ・ブルースのいろいろ(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/65340930

この記事へのトラックバック一覧です: ルイジアナ・ブルースのいろいろ(5):

« ルイジアナ・ブルースのいろいろ(4) | トップページ | ルイジアナ・ブルースのいろいろ(6) »