« もっと熱い | トップページ | ルイジアナ・ブルースのいろいろ(2) »

2017年4月30日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(1)

今年の1月28日,ルイジアナ州オペルーサスでギター奏者,ギター・ゲイブルが亡くなっている.彼は1937年8月生まれ,79歳だったそうだ.

Guitar Gable, This Should Go On Forever b/w Please Operator, Excello 2153.

Excello2153 これはギター・ゲイブルの名前でExcelloから出たシングルとしては最後,6枚めのもの.他のシングル盤と同様に歌っているのはキング・カールだ.

This Should Go On Foreverはニューオーリンズにありそうな,跳ね気味のリフを持ったR&Bバラッド.欠点なく制作されている,という感じ.つやつやした声のキング・カールの歌がよい.曲の作者にはプロデューサのジェイ・ミラーと,キング・カールの本名バーナード・ジョリヴィートの名前が記されている.曲を作って,歌っているのがキング・カールだから,ギター・ゲイブルの貢献度は少なそうだが,イントロや間奏で良く響くギターを聞かせていて,ちゃんと仕事をしている.

電話のベル音の擬音も入るPlease Operatorは哀愁たっぷりのルイジアナR&Bバラッド.ギター・ゲイブルの曲では,ローカル・ヒットになったLife Problemというのがあるが,同じようなパタンの作品だ.良い出来だと思われる.間奏のゲイブルのギターの音色にも哀愁が感じられる.

昔,Guitar Gable with King Carl, Cool Calm Collected, Flyright FLY599というLPで2曲ともリイシューされたことがある.1957年2月の録音,ということはゲイブルは19歳か,若いなあ.

|

« もっと熱い | トップページ | ルイジアナ・ブルースのいろいろ(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/65218537

この記事へのトラックバック一覧です: ルイジアナ・ブルースのいろいろ(1):

« もっと熱い | トップページ | ルイジアナ・ブルースのいろいろ(2) »