« また有名人が | トップページ | もっと熱い »

2017年4月16日 (日)

また有名人が(続き)

亡くなったロニー・ブルックスの盤をもう一つ.

Lonnie Brooks, Figure Head b/w I'm Not Going Home, USA 789.

Usa789 Figure Headの方は,シカゴ・ブルースの25年(P-Vine PCD-2130/2131/2132)などでディジタル・リイシューされているから知られているだろう.1960年代のシカゴ・スタイルのブルースなのだけれど,覚えやすいリフを使い,展開にも変化を付け,R&Bっぽさもある.曲の作者にはビリー・ザ・キッド・エマーソンの名前も見えるけれど,彼のアイディアとブルックス自身のバックグラウンドが組み合わさってユニークな作品になったのだろう.

I'm Not Going Homeもビリー・ザ・キッド・エマーソン作.快活なR&Bで,メロディーもややポップな感じだから,この曲はブルースのコンピレーション・アルバムには入らないだろう.それでも,そう悪い曲ではなく,それなりに楽しく聞ける.

The Blues Discography 1943-1970によると1964年の録音で,キング・エドワードとノーラン・ストラックの兄弟がギターとベース,曲を作ったビリー・エマーソンがオルガン,ジェローム・プライスがドラム,となっている.ううむ,それでは,I'm Not Going Homeで入るサックスは誰なのだろう.

|

« また有名人が | トップページ | もっと熱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/65159227

この記事へのトラックバック一覧です: また有名人が(続き):

« また有名人が | トップページ | もっと熱い »