« また有名人が(続き) | トップページ | ルイジアナ・ブルースのいろいろ(1) »

2017年4月23日 (日)

もっと熱い

前回の盤ではロニー・ブルックスが歌って,ビリー・ザ・キッド・エマーソンが伴奏をしていたけれど,今度は逆にエマーソンが歌ってブルックスが伴奏しているレコード.

Billy (The Kid) Emerson, I Took It So Hard b/w Every Woman I Know, Tarpon 6601.

Tarpon6601 歌手でキーボード奏者のビリー・エマーソンが得意とするのは,R&Bか,そうでなければロックンロール,というところだろうか.1950年代からSun,Vee-Jay,Chessで良い曲をいくつも残していて,優秀な音楽家なのだけれど,あまりブルースらしいブルースはない.

ロニー・ブルックスがギターを弾いているのはEvery Woman I Knowの方.高速なロッキン・ブルースか,それともロックンロールか,という曲だが,息が詰まるような勢いと熱気で,なかなかすばらしい.ロニー・ブルックスはキン,キンとリズムを刻むだけなのだが,演奏の熱さに貢献している.エマーソンの歌とオルガン,ベースにノーラン・ストラック,間奏でソロを吹くテナー・サックスがジョー・エヴァンズ,ドラムにはジェローム・ハリスというメンバーで1964年に録音されている.

エマーソンはEvery Woman I Knowを1955年にVee-Jayに録音していて,このTarpon盤は再録音ということになる.曲のエネルギーみたいなのでは,Tarponの再演の方がVee-Jayのオリジナル版を上回っているのではないか.Vee-Jayの録音はドイツBear Familyのリイシュー盤,Red Hot(Bear Family BCD16937)に入っていて,整った演奏だけれど,Tarpon録音を聞いた後では緩いようにも聞こえる.

I Took It So Hardは,ニューオーリンズっぽさも感じるゆったりしたR&B.The Blues Discography 1943-1970は1960年にMadレーベル向けに行ったセッションで録音されたもの,としている.Bear FamilyのCDの解説書には,Madレーベルで録音したテープの,ヴォーカル部分を再録音してTarponで出したと書かれているから,ヴォーカルだけは1960年より後の録音かもしれない.

Tarponというのはエマーソン自身のレーベルで,デニス・ラサールやマット・マーフィーのレコードも出ている.エマーソンの出生地はフロリダ州ターポン・スプリングズというところだから、レーベル名はその関係だろう。

ビリー・ザ・キッド・エマーソンに関しては,Sun,Vee-Jay,Chess,Madの録音を復刻した33曲入りのBear FamilyのCDが良い情報源になる.

ドイツBear Familyと言えば,同社から先週荷物が届いてねえ.それが,CD44枚組という,えらいものを売り出すものだ.その話もどこかで書くか,書かないか,考え中.

|

« また有名人が(続き) | トップページ | ルイジアナ・ブルースのいろいろ(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/65188003

この記事へのトラックバック一覧です: もっと熱い:

« また有名人が(続き) | トップページ | ルイジアナ・ブルースのいろいろ(1) »