« ハーモニカ一代 | トップページ | また有名人が »

2017年3月26日 (日)

ロックンロールの大御所ができるまで

チャック・ベリーの死は日本国でもそれなりに報道された.アイディア豊富で,キャッチーな,誰もが親しめる歌を作る彼の才能は抜群だった.MaybelleneSchool DayNo Money DownJohnny B. Goode,いろいろ良い曲があった.

亡くなったのでチャック・ベリーのシングル盤を,と思ったけれど,1973年のこれしか持ってない.意外と良いと思っているんだけど.

Chuck Berry, Bio b/w Roll 'Em Pete, Chess 2140.

Chess2140 チャック・ベリー(自伝),中江昌彦訳,音楽の友社,を読めば色々なブルース歌手の名前が出てきて,古い人気ブルース歌手が彼の音楽の土台になっていることが分かる.エルモア・ジェイムズを見たときのことなんかも自伝に書かれていて(p.133),ベリーとしてもエルモアは印象に残るブルース歌手だったようだ.まあエルモアを直に見たとあっては当然か.Bioは,そのエルモア・ジェイムズ風のブルース曲.曲名の通り,セントルイスにいた頃から始まって,マディ・ウォーターズとの出会いとか,自らのバイオグラフィーを歌い上げる.当然,エルモアみたいな凄みはないけれど,ちゃんと真剣に歌われたブルースだと思う.努力の末国際的なスターとなった感慨なども感じられるのではないか.

自伝にはビッグ・ジョー・ターナーを1943年に見たときのことも書かれている(p.338).Roll 'Em Peteはそのビッグ・ジョー・ターナーがピート・ジョンソンとのコンビで1938年に録音した曲.これが,歌の文句はターナーと同じだけれど,オリジナルとはがらっと変わって,見事にチャック・ベリー調のロックンロールに仕上がっている.痛快な解釈というか,このスタイルなら外さない.

Roll 'Em Peteも,ベリー自身のスタイルのオリジンを語る,バイオグラフィーみたいなものかもしれない.ターナーとジョンソンがその圧倒的な声量とブギウギ・ピアノで表したものを,ベリーが自分でできるやり方でやってみたら,ひとりでにチャック・ベリー調ロックンロールになった,ということじゃないか,などと思う.あるいはベリー自身は,オリジナル通りのつもりなのかも,などとも考える.ピート・ジョンソンとチャック・ベリーは紙一重じゃないかとか.こういうのは妄想なのだろうけれど.

昔,シングル盤のことなど何も分からなかった頃,横浜のレコード屋で米国輸入の中古シングル盤が大量に安く売られていたことがあった.このChess盤,その中から拾ってきた.もう三十何年か前のことだったろう.なかなか懐かしい.

Chuckberrynews02

|

« ハーモニカ一代 | トップページ | また有名人が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/65070331

この記事へのトラックバック一覧です: ロックンロールの大御所ができるまで:

« ハーモニカ一代 | トップページ | また有名人が »