« イースト・セントルイス・ディープ・ブルース | トップページ | 未CD化?未発表曲?いやいや »

2017年2月26日 (日)

アラバマに還って

昨年もいろいろな人の訃報があったけれど,バーミングハム・ジョージことジョージ・コナーなんて人も亡くなっていた.1934年5月にアラバマ州アリスヴィルというところで生まれていて,長い間シカゴで活動していた歌手/ギタリストだ.1985年にアリスヴィルに戻り,昨年12月に同地で亡くなったそうだ.

George Corner & His Band, Morning Love Blues b/w Too Hot To Hold, Atomic H 918.

Atomich918 レーベルにはCornerと記されているが,Connerが正しい.

Morning Love BluesはCD,Chicago Ain't Nothin' But A Blues Band(Delmark DE624/P-Vine PCD-5560)に入っていた.どろどろしたスロー・ブルースで,コナーは歌でもギターでも不器用そうで,上手いとは思わない.しかし,絞り出すような歌い口にも,バンドの緊迫感にも,ずっしりと,聴き応えはある.

Too Hot To Holdはインストゥルメンタルで,コナーの素朴なギターは,良く言えばヘタウマの味か.それより,誰だか分からないサックスが頑張っている.この曲はCDには入らなかったが,まあ仕方ないか.

1962年の録音で,テナーサックス,ピアノ,ベース,ドラム,の伴奏陣だが,奏者は分からない.ジョージ・コナーは1965年にはオーティス・ラッシュらをバックにMarsiに録音し(ファンキー/ソウル風らしい),その後1999年,2004年にCDを制作したそうだ.実力が特に優れてはいないコナーだけれど,Morning Love Bluesは印象に残っていて,訃報に接すれば寂しく思う..

|

« イースト・セントルイス・ディープ・ブルース | トップページ | 未CD化?未発表曲?いやいや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/64945617

この記事へのトラックバック一覧です: アラバマに還って:

« イースト・セントルイス・ディープ・ブルース | トップページ | 未CD化?未発表曲?いやいや »