« オリジナルは,アレだった | トップページ | デビュー60年目の成果 »

2016年12月25日 (日)

当然の順番で

フレディ・キングのクリスマスもの,アルバート・キングのクリスマスもの,となれば次は当然B.B.キングのこれ.

B.B. King, Christmas Celebration b/w Easy Listening, Kent 412.

Kent412 Kent 387という番号でも同じものが出ていて,この412は再発ということになる.

Christmas Celebrationは,CrownとかKentとかのLPには入っていなかったようだが,B.B.キングのクリスマス・ソングなのだから,そこそこ有名だろう.速いテンポのブルースを,艶のある美声を駆使してぐいぐいと歌っていく.1960年3月16日の録音で,同じセッションのGot A Right To Love My BabyとかPartin' Timeとか,あの辺と声の調子,歌い方は当然だけれど共通している.

作者はGlenn-Thomasとなっていて,グレンはこのセッションでピアノを弾くロイド・グレンでよいとして,トーマスとは誰だろうと思ったらP-VineのThe Complete RPM-Kent Recording Boxではジェシー・トーマス,となっている.調べたら,ジェシー・トーマス,1948年にロイド・グレンをバックにSwing Timeレーベルにこの曲を録音していた.その録音をSwing Time Christmas (Night Train NTI 7005)というCDで聞いてはいたのだけれど,B.B.キングとジェシー・トーマスを結びつける発想が無くて,同じ曲とは全然気がつかなかった.もちろんジェシー・トーマスのオリジナルは,ピアノやリズム隊が入るとはいえ,テキサスあたりのカントリー・ブルースの感覚が強いものだから,スタイルはずいぶん違う.

Easy ListeningEasy Listening Bluesという題名でアルバム・タイトルにもなった,リラックスした感じのインストゥルメンタル.両面ともThe Complete RPM-Kent Recording Boxには良い音で入っていて,Christmas Celebrationに関してはシングル盤バージョンに加え,もう少しゆったりと始まる別テイクも入っている.

|

« オリジナルは,アレだった | トップページ | デビュー60年目の成果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/64674541

この記事へのトラックバック一覧です: 当然の順番で:

« オリジナルは,アレだった | トップページ | デビュー60年目の成果 »