« 確立したスタイル | トップページ | ここにもティアドロップ »

2016年11月20日 (日)

バンド名にこだわり

マジック・スリムのバンドといえば,ティアドロップスと決まっていた.昔からその名前を使っていたようだけれど,最初のうちはTér-Dropsとお洒落(?)につづっていた.

Tér-Drops, I Got A Feeling (Vocal) b/w I Got A feeling (Inst.), Ja-Wes 3000/3001.

Jawes3000 このレコード,レーベルが裏表逆で「インストゥルメンタル」の方を掛けるとヴォーカルになる.片面はアーティスト名が書いてなかったりもして,少々仕事が雑じゃないの.

I Got A Feelingは,ジュニア・ウェルズのSnatch It Back And Hold Itとか,あの手のよく聞くリフを持ったファンキーなブルース.独創的ではないけれど,熱気はあって,間奏のギター・ソロなどはなかなか格好良い.難点はヴォーカル.歌の録音レベルが低くて伴奏に埋もれて聞こえないという面もあるけれど,これといって特に伝わるものがない.The Blues Discography 1943-1970によるとプロデュースもしているジェイムズ・シェルトン・ジュニアという人物が歌っているらしい.

インストゥルメンタルの方はギター,サックスがソロをとる.

マジック・スリム名義で出たLove My Babyと同じく,1966年の録音.ギターのマジック・スリム,サックスのポール・ブラウン,ベースのロバート・パーキンズ,ドラムのウィリー・ジョーンズというメンバーもLove My Babyと共通している.未完成ながら熱いファンク・ブルースという点ではこの9年後に録音するWonder Whyにある程度通じるものは見せている.

|

« 確立したスタイル | トップページ | ここにもティアドロップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/64519857

この記事へのトラックバック一覧です: バンド名にこだわり:

« 確立したスタイル | トップページ | ここにもティアドロップ »