« 古風な新人あらわる | トップページ | これはシカゴ録音 »

2016年8月28日 (日)

ザディコのザの字も

ノーラン・ストラックはICTやShamaでシングル盤を出し,バスター・ベントンのLPでベースを弾くなど,1970年代半ばまではシカゴでキャリアを積んでいた.その後,ミシシッピ州ジャクソンで,ジェイムズ・ベネットのレーベルからLPを出し,ブルース/ソウル・シンガーとして一段階出世したようだった.これはベネットのレーベルから1980年に出た両面ブルースのシングル盤.

Nolan Struck, My Nerve's Gone Bad b/w Fire Don't Burn All The Time, Retta's 004.

Rettas004 アレンジにはストラックの兄,キング・エドワードも参加している.ギターもエドワードなのかもしれない.キング・エドワードはジャクソンで今も元気に活動していて,Living Blues誌244号に記事が出ている.これを読むと,いろいろ初めて知ることがある.

ノーラン・ストラックことノーラン・アントワーンとキング・エドワードことエドワード・アントワーンが兄弟であることは知っていたが,彼らが生まれたのはルイジアナのレインという,フランス語を話す地域だったそうだ.そういう土地だと親しむ音楽としてはザディコということになる.父親はザディコのラブボード奏者だったそうだし,キング・エドワードは十代の頃しばらくクリフトン・シェニアのバンドに居たそうだ.また,クリフトン・シェニアのアルバム,Louisiana Blues And Zydeco(Arhoolie LP1024)ではフルトン・アントワーンという人物がベースを弾いているけれど,この人もキング・エドワード,ノーラン・ストラックの兄弟だという.

そういう環境で育ったノーラン・ストラック,キング・エドワードもそうだけれど,録音を聞く限り全然ザディコっぽいところはなくて,意外だった.

My Nerve's Gone Badは,B・B・キングのThe Thril Is Goneみたいな,ストリングス入りのマイナー調のブルース.このレコードを入手した頃は,ストリングスが前面に出すぎなようにも,甘口過ぎるようにも思ったけれど,いま聞き直すとそんな感じがしない.ソウル・ミュージックのマーケットに向けて1980年にリリースされた新作ブルースのアレンジとしてはごく自然なものに聞こえる.ストラックの歌は,高い声を自由にコントロールして,表現力豊か.

Fire Don't Burn All The Timeはファンク・ブルース.リズムにしなやかに絡みつく声が良くて,傑作の部類だと思う.

ノーラン・ストラック,長年に渡りぽつりぽつりとアルバムを出して,まだ元気だろうと思う.最近ニュースはないようだけれど,どこでどうしているだろう.

|

« 古風な新人あらわる | トップページ | これはシカゴ録音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/64123609

この記事へのトラックバック一覧です: ザディコのザの字も:

« 古風な新人あらわる | トップページ | これはシカゴ録音 »