« 上手いとは言っていない(2) | トップページ | 上手いとは言っていない(4) »

2016年6月 5日 (日)

上手いとは言っていない(3)

ギター・クラッシャーはKingからシングル盤を2枚出していて,2枚目が前回のI Can't Help Itで,1枚目はこれ.

Guitar Crusher, Weak For Your Love b/w Better Days Ahead, King 5743.

King5743 ブルースとしての興味という点ではWeak For Your Loveの方.R&Bバラッドだけれど非常にブルージー.ブルース形式ではないが,雰囲気ではブルースの範囲に入れてよさそう.イントロで聞けるブルース・ギターはギター・クラッシャー自身によるものだろう.しかし,聞き所はギター演奏よりも歌で,力一杯のシャウトを混えた熱い歌を聞ける.歌手としての実力を示していて,聞く価値はある.

一方,Better Days Aheadの方もR&Bバラッドだが,もっと甘口.楽曲は悪くないようだが,こういう曲では歌い口が武骨過ぎて,柔軟な声のコントロールが欠けているように思う.

前回のI Can't Help Itと同じ1963年のセッションの録音とされている.

|

« 上手いとは言っていない(2) | トップページ | 上手いとは言っていない(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/63735983

この記事へのトラックバック一覧です: 上手いとは言っていない(3):

« 上手いとは言っていない(2) | トップページ | 上手いとは言っていない(4) »