« 今度は上手い人を(1) | トップページ | 今度は上手い人を(3) »

2016年6月26日 (日)

今度は上手い人を(2)

ロイ・ゲインズのDeLuxe盤では,これもギターをかなり聞ける.

Roy Gaines, Annabelle b/w Night Beat, DeLuxe 6147.

Deluxe6147 Annabelleは軽快なブルース形式の曲で,ゲインズの歌を聞ける.親しみやすい曲調で,R&Bと呼んでもよい.歌のメロディはC. C. Riderとかに近くて,リフはFannie Maeをおとなしくしたような感じ.軽い,お気楽な作品だけれど,良さはそれなりにある.

Night Beatは,ゲインズのギターを中心とした,ミディアム・テンポのインストゥルメンタル・ブルース.メロウでクールな曲調は,曲名の通り深夜の雰囲気か.あまりクールだと冷えちゃうんで,もう少しホットなところがあってもよいのではないか,などと思ったりする.その点では前回のGainesvilleより物足りないかもしれないが,これもギターの妙技を堪能できる作品なのは確か.

1957年8月7日,ニューヨークで録音されたもので,フロイド・アーセノーとカルヴィン・オーウェンズのトランペット,モーリス・フックスのテナー・サックス,ケリー・オーウェンズのピアノ,アイザイア・アレグザンダーのベース,ジェイムズ・E・ハリスのドラム,という伴奏陣だった.

|

« 今度は上手い人を(1) | トップページ | 今度は上手い人を(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/63834414

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は上手い人を(2):

« 今度は上手い人を(1) | トップページ | 今度は上手い人を(3) »