« 上手いとは言っていない(1) | トップページ | 上手いとは言っていない(3) »

2016年5月29日 (日)

上手いとは言っていない(2)

ギター・クラッシャーという人,Columbia盤の前にKing,Bethlehemからもシングル盤を出していて,それぞれ聞き所はあると思う.

Guitar Crusher, I Can't Help It b/w Why, Oh Why, King 5813.

King5813 I Can't Help Itというのは,かなり力のこもったブルース曲.ストップ・タイムを使ったスロー・ブルースなのだが,クラッシャー氏,声と歌いっぷりになかなかの重量感がある.ギター何々と名乗るわりには,ギターは自分で弾いているのかどうか分からないような感じ.それでも歌い手としての力量は示している.女声コーラスとのコール・アンド・レスポンスを使うのはよくあるやり方だが,その辺でR&Bっぽさのある造りになっている.

Why, Oh Whyは陽気なポップR&Bだけど,ヒットを狙うには地味,というところ.

1963年5月,シンシナティで録音されたもの.伴奏やコーラス隊のメンバーは分からない.

|

« 上手いとは言っていない(1) | トップページ | 上手いとは言っていない(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/63702326

この記事へのトラックバック一覧です: 上手いとは言っていない(2):

« 上手いとは言っていない(1) | トップページ | 上手いとは言っていない(3) »