« ハーモニカが続きますが(2) | トップページ | それは無理が »

2016年4月17日 (日)

ハーモニカが続きますが(3)

これもニュージャージーで録音されたハーモニカ・ブルース.

Harmonica Joe, That's No Big Deal b/w Look Here Mama, Skymac 1008.

Skymac1008 ニュージャージー州ニューアークのレーベルで,The Blues Discography 1943-1970は1964年ニューアーク録音としている.ニューアークなら,だいたいニューヨークと同じようなものだろう.伴奏はオルガン,ギター,ベース,ドラムというバンドで,本名不詳のハーモニカ・ジョーという人物が歌とハーモニカを聞かせる.

Look Here Mamaはアップテンポのブルース.快調な伴奏にサポートされ,まずまず力のある歌とハーモニカ・ソロを聞ける.これは,ちょっと爽快感みたいなのがあってよろしい.

That's No Big Dealはジミー・ロジャーズのThat' All Rightみたいな曲.歌もハーモニカも合格点ではあるが,もう一息,みたいな感じもある.伴奏にもう少し落ち着きとか重量感とかがあればもっと印象に残るものになっていたのではないか.この曲は,昔々,ブルース─その源流のさすらい人,というシリーズの日本盤LP(Lonsome Harmonica, London(J) GXF2002)で国内発売されていた.

ハーモニカ・ジョーにはこの2曲以外に録音はないようだ.ということは,それほど売れなかったのだろう.どこから来て,どうやってこのレコードを録音することになって,どこへ消えたのか,手がかりはない.

|

« ハーモニカが続きますが(2) | トップページ | それは無理が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/63500387

この記事へのトラックバック一覧です: ハーモニカが続きますが(3):

« ハーモニカが続きますが(2) | トップページ | それは無理が »