« T型ブルースマン(2) | トップページ | T型ブルースマン(4) »

2016年3月13日 (日)

T型ブルースマン(3)

モデル・T・スリムことエルモン・ミクルがAudio Bluesレーベルから出したもう1枚のレコード.

Model "T" Slim, Woman's The Glory Of Man b/w Take My Hand, Audio Blues 1933.

Audioblues1933 Woman's The Glory Of Manは,サニー・ボーイ・ウィリアムソンNo.2のAll My Love In Vain,ということはWonderのBurnt Outと同じ歌となる.ただ,アレンジは全然違い,こちらの方がゆっくりとしたテンポで歌われる.しかし,どうも歌のタイミングが自由すぎるようだ.バンドは歌に合わせているのだけれど,なんだか落ち着かない.ダウンホームな味はあるし,ハーモニカの音色も魅力あるけれど,Burnt Outの方が良い.

Take My HandはGood Morning School Girlと同じメロディを使った,アップテンポのブルース.粗いけれど,活気あるダウンホーム・ブルースではある.

The Blues Discographyでは,前回のSomebody Voodooed The Hoodoo Manと同じセッションとしているが,ギターはフィリップ・ウォーカーでもなくアドルフ・ジェイコブズでもなく,名前の分からない第3の人物が弾いている,としている.Woman's The Glory Of Man15 Years My Love Wa In Vainという題名StyletoneのLPに入っていた.

|

« T型ブルースマン(2) | トップページ | T型ブルースマン(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/63340001

この記事へのトラックバック一覧です: T型ブルースマン(3):

« T型ブルースマン(2) | トップページ | T型ブルースマン(4) »