« 二番煎じに薬効あり | トップページ | 地下ミュージシャン,地表露出の瞬間 »

2016年2月 7日 (日)

ありがちな芸名

前回のものと同じレーベルで,やはりハーモニカの入るものを.

Harmonica Slim, I'll Take Love b/w Budda, Cenco 1001.

Cenco1001 ハーモニカ・スリムという名前の人は少なくとも3人はいるようだ.ハーモニカを吹いて,やせていれば,誰でもこの名前を名乗って不思議ではない.このハーモニカ・スリムは本名トラヴィス・ブレイロックで,BluestimeにLPを残している他,Aladdinなどでもレコードを残している.

それで,このCenco盤だが,どうもR&Bっぽすぎるというか,ポップな造りで,それが合っているのかというと,疑問.それでも良さはあると思う.

I'll Take Loveはブルースの形式で,ミディアム・テンポの調子の良い曲.女声コーラスが大々的に使われ,ブルースっぽいR&Bってとこか,いやコーラスなければブルースに聞こえるかな,と言う感じ.歌は特に上手くもないが,ちょっと味があるとは思う.ハーモニカのソロも聞ける.

Buddaの方はハーモニカのインストゥルメンタル.ミディアム・テンポでリラックスした雰囲気で曲は進むが,こちらもコーラスが入るのがポップ.しかしハーモニカの演奏自体はいい感じの部分もある.

1960年12月の録音とのこと.この人のベストではないのだろうけれど,こんなのも出ていた,ということで.

|

« 二番煎じに薬効あり | トップページ | 地下ミュージシャン,地表露出の瞬間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/63177878

この記事へのトラックバック一覧です: ありがちな芸名:

« 二番煎じに薬効あり | トップページ | 地下ミュージシャン,地表露出の瞬間 »