« 魅惑のブルー・ヴォイス | トップページ | 二番煎じに薬効あり »

2016年1月24日 (日)

その男,忘れるべからず

前回のハスケル・サドラーの曲をリイシューしていたCD(Jericho Alley Vol.2)に,このレコードの2曲も入っていた.

Ace Holder, Lonesome Harmonica b/w Homeless Boy, Pioneer International 1004.

Pioneer1004 エイス・ホールダーねえ.彼の作品,LPでもCDでもまあまあリイシューされてきた.それは,リイシューの価値ある実力者だから.ねっとりと絡みつくようなハーモニカに,ずっしりとしたヴォーカルで,魅力的なブルース曲をいくつも残している.このレコードの2曲も良い出来だ.

Lonesome Harmonicaはスロー・ブルースのインストゥルメンタル.フィーリング豊かなハーモニカと,暖かくサポートする伴奏陣がきっちりかみ合って印象的な曲だ.一方のHomeless Boyは歌の入るスロー・ブルース.この,甘さを一切排除したような,武骨な歌いっぷりは良い.

The Blues Discography 1943-1970によれば1961年,ロサンゼルスで録音されたとのこと.レーベルはガス・ジェンキンスのもので,ピアノはジェンキンスが弾いているそうだ.ギター,ベース,ドラムは誰だか分からない.

ディスコグラフィには1961年から1966年に録音された13曲が記載されていて,録音が少ないとも言えない.しかし,音楽がアルバム単位で売られることが当然となった今,このようなシングル盤だけ,のアーティストはなーんか忘れられそうな気もしている.どうかエイス・ホールダーの音楽が膨大なブルース・アルバムの山に埋もれることのないように願いたいものだ.

|

« 魅惑のブルー・ヴォイス | トップページ | 二番煎じに薬効あり »

コメント

BluesDiscographyをAceHolderの項を見たら、以前のDiscographyでは載っていたインスト曲(PastelSix名義)が削除されてました。これはどう聞いてもAceHolderなんですがね。
彼の主な仕事の場はどちらかというとPastel Sixに近いように思います。多くのBluesManは流行りのエンタメで喰っていた時代ですから。
ちなみにPastel Sixは当時日本のラジオでもよくかかっていました。

投稿: Lazy Dog | 2016年1月26日 (火) 11時02分

AmazonでWimo Stompというのを試聴したら、確かにそのようですね。ディスコグラフィは、彼のリーダー作でもないから落としたのでしょう。情報が無くなるのはよくないから但し書きでもしとけばよかったのに。

投稿: BackDoorO | 2016年1月26日 (火) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/63115116

この記事へのトラックバック一覧です: その男,忘れるべからず:

« 魅惑のブルー・ヴォイス | トップページ | 二番煎じに薬効あり »