« Female Blues Singers (12) | トップページ | Female Blues Singers (14) »

2015年11月 1日 (日)

Female Blues Singers (13)

シカゴ・ブルースの女性歌手をもう1つ.

Lil Mason, The Cabrini Green Part 1 b/w The Cabrini Green Part 2, Blues 5581.

Blues5581 曲名のThe Cabrini Greenというのはシカゴにあった貧民街のことのようだ.それでCabrini Greenに引っ越してやる,というのがキー・フレーズになっている,曲の方はSitting On Top Of The World風の物憂げな8小節ブルース.ギター,生ハーモニカ,オルガン,ベース,ドラムというもの.リル・メイソンはスムースな歌い方で,深みのある美声なのだが,どうにも淡々としているのが問題だなあ.伴奏はギターもリズム隊も段々と熱くなりかけるかな,とも思うが,全体的には盛り上がりに欠ける.雰囲気は悪くないけれど.

おそらく1980年前後の録音と思われる.レーベルにはBlues Factoryで録音,と記されていて,曲の作者がローレンス・ストリーター,となっている.Blues Factoryというのはローレンス・ストリーターという人がウィリー・ディクソンを担ぎ出して,というのか,とにかく共同でやっていた会社のようだ.広告を見るとブルース塾みたいなのもしていたようだが,ラジオ番組も持っていた.このラジオ番組ではリル・メイソンの他,ジョニー・B・ムーア,アーロン・ムーア,ウィリー・ディクソンの息子,なんてのを録音したテープを放送していたそうだ.だから,このリル・メイソンの盤,ひょっとするとラジオ用の音源をレコードにしてみた,ということかもしれない.
Bluesfactory

|

« Female Blues Singers (12) | トップページ | Female Blues Singers (14) »

コメント

わたしは当時これを Jim O'neal から買いましたが、その時に彼が何か書いていたなあ、と思い出しつつも、もうわかりません。彼はここらあたりのことは良く知っている。無名のBlues man/woman は山ほどいた時代です。

投稿: LazyDog | 2015年11月 3日 (火) 09時32分

古いLB誌をオニールがGEMMに出品していて、買ったことがありました。彼が見聞きしたことで活字になってないことも色々あるでしょう。

投稿: BackDoorO | 2015年11月 4日 (水) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/62594005

この記事へのトラックバック一覧です: Female Blues Singers (13):

« Female Blues Singers (12) | トップページ | Female Blues Singers (14) »