« Female Blues Singers (15) | トップページ | Female Blues Singers (17) »

2015年11月23日 (月)

Female Blues Singers (16)

リン・ホワイトは一時ずいぶんレコードを出していた.

Betty Wilcox Ray - Lynn White, I Didn't Make My Move Too Soon Part I b/w I Didn't Make My Move Too Soon Part II, Darby 515.

Darby515 これは,リン・ホワイトのレコードで最初に買ったもの.1981年とか82年とか,その頃に都内のレコード屋で入手したのだけれど,その頃はブルースの45回転盤をひと桁の枚数しか持っていなかった.枚数が少ないうちの一枚とあれば自然と印象にも残っている.

スリーヴにはB・B・キングのヒット,と記されていて,B・BのNever Make A Move Too Soonのカバー,いやアンサー・ソングか. B・Bのヒットは1978年のことで,これはその直後1979年のコピーライト表示がある.B・Bのオリジナルより少しテンポが速く,ローカルなバンドかもしれないが,ギターが頑張っていて,それなりに熱い.リン・ホワイトの歌は,この人らしいというのか,ソフト過ぎて,押し切れないところはあるが,それでもナイス・ファンク・ブルース.

レーベルにはリン・ホワイトと共に,ベティ・ウィルコックス・レイという人名も記されているが,この人については分からない.Darbyはアラバマのブルース歌手ビッグ・アイク・ダービーのレーベル.

オンラインのディスコグラフィーを見たら,げっ,リン・ホワイトってアルバムが12枚もあるのか.いろいろ出ている,とは思ったけれど,思った以上だ.我が家にあるのはわずかにLP2枚にシングル盤3枚だからなあ.氷山の一角しか聞いてない.氷山全体を知らなくてもだいたい様子は分かるような気もするのだけれど.

これだけ多く録音をしたのだから,1970年代以降でブルース曲を売り物としていた女性歌手としては,かなり人気者になったと言える.WayloレーベルのLPを聞いたところでは,ソウルの名曲をパワー不足に歌う人,という感じだが,多くの録音をできたのはブルース=サザン・ソウルの聴衆が共感できるものを持っていたからと思われる.

Living Blues誌No.58(1983年)に,彼女がミシシッピ・デルタ・ブルース・フェスティバルに出演したときのレポートが写真付きで出ている.ブルース・フェスティバルのおじさん連中多めの出演者の中では,比較的若い華やかな女性歌手は彩りとして目立ったことだろう.
Darby515sleeve

|

« Female Blues Singers (15) | トップページ | Female Blues Singers (17) »

コメント

確か、Darbyのレコード店員をヨメにして歌わせたんでしたっけ。

投稿: LazyDog | 2015年11月24日 (火) 08時13分

へえ、意外と安直なタレント発掘だったんですね。

投稿: BackDoorO | 2015年11月24日 (火) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/62737856

この記事へのトラックバック一覧です: Female Blues Singers (16):

« Female Blues Singers (15) | トップページ | Female Blues Singers (17) »