« Female Blues Singers (10) | トップページ | Female Blues Singers (12) »

2015年10月17日 (土)

Female Blues Singers (11)

サニランド・スリムのAirwayレーベルにはボニー・リーも録音していた.

Bonny Lee, Standing On The Corner b/w Sad And Evil Woman, Airway 4744.

ボニーはBonnieのようだが,Bonnyでもまあ大体同じではある.

Airway4744 ボニー・リーはビッグ・タイム・サラより20歳以上も年上で,この録音までのキャリアもかなりあっただろうから,さすがの貫禄を見せる.両面とも素晴らしい出来のように思う.伴奏がシカゴ・ブルースの見本のような,まとまりと躍動感ある演奏をしていて,間奏なんか盛り上がりまくる.ボニー・リーの歌もその演奏によく合っている.

Sad And Evil Womanは中くらいのテンポのブルース.Standing On The Cornerはテンポが速くなるが,これは1960年にボビー・サクストンがBea & Babyで録音したTrying To Make A Livingだ.Earwigのサニランド・スリムのCD (Earwig CD 4942)ではこのタイトルに修正されて収められている.

The Blues Discography 1971-2000の記述が少々変なのは,この2曲を別のセッションとして,Standing On The Cornerはリトル・マックらが伴奏しているとしていること.このハーモニカがリトル・マックってわけがない.録音データについてはAirwayのLPとEarwigのCDでも書いてあることが違うが,両面とも1974年3月2日の録音で,伴奏はサニランド・スリムのピアノ,アンプリファイド・ハープがマーク・ブランバック,ギターにバイザー・スミスとアラン・ハイトマン,ベースはトム・パターソン,ドラムがサム・レイ,というメンバーで,当たらずとも遠からず,のようだ.

|

« Female Blues Singers (10) | トップページ | Female Blues Singers (12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/62495057

この記事へのトラックバック一覧です: Female Blues Singers (11):

« Female Blues Singers (10) | トップページ | Female Blues Singers (12) »