« 思い出しがたい名前 | トップページ | Female Blues Singers (2) »

2015年8月 2日 (日)

Female Blues Singers (1)

女の歌手のレコードでもやりましょ.

Ella Thomas and The Starlets, I'm A Stranger b/w If You Leave Me, Gedinson's 101.

Gedinsons101 エラ・トーマスのレコードは以前有名曲のアンサー・ソングってことで一度取り上げた.これは,ボブ・ゲディンズのプロデュースで1962年に録音された彼女のデビュー作.ピアノとオルガンはジミー・マクラクリンだそうだ.

I'm A Strangerはミディアム・テンポのブルース曲で,歌詞の方はstrangerものというのか,似たようなテーマの曲がありそう.ボーカルにギターがコリコリコリ,と呼応するところとか,良い感じだ.

この曲では歌が多重録音されている.プロデューサーのゲディンズとしては,シュガー・パイ・デサントのI Want To Knowが多重録音でヒットしたので,もう一丁,と思ったものか.同じ頃,ポピュラー歌手のパティ・ペイジが同様のことをしていた(W. Collins, California rhythm and blues recordings, in California Soul, J.C. DjeDje and E.S. Meadows Eds., University of California Press), という話があって,これもその流行に倣ったのか,どうか.

注目はIf You Leave Meで,エラ・トーマスの曲を6曲聞いたけれど,これが一番好き.せわしないテンポのブルース曲で,女声コーラスとのコール・アンド・レスポンスが使われ,ゴスペルっぽさも,というもので,気力十分に熱く歌われている.それで間奏には格好良いギター・ソロも入る.曲の作者はJames Brownとなっていて,ジェイムズ・ブラウン(最近はジェイムス,っていうのか?どっちでもよいけれど)についてはまるで一般人並の知識しか無いから,この曲をJB自身が歌っているのかどうか知らない.だけど,エネルギーあふれる曲の雰囲気からすればあのJBの作なんだろうな.

ジミー・マクラクリン以外のメンバーは分からないけれど,ギターはラファイエット・トーマスではないだろうかね.

|

« 思い出しがたい名前 | トップページ | Female Blues Singers (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/62007593

この記事へのトラックバック一覧です: Female Blues Singers (1):

« 思い出しがたい名前 | トップページ | Female Blues Singers (2) »