« 永久運動が作るブルース(2) | トップページ | 開設8周年・アナログプレーヤーの話とか »

2013年4月29日 (月)

永久運動が作るブルース(3)

引き続きアル・TNT・ブラッグズ制作のブルース.今度は誰なのか分からない.

Big Ray Anderson, What Goes Around Comes Around b/w Love Must Have A Home, True Blue 0001.

Trueblue0001 レコードのコピーライト表示は1986年となっている.ビッグ・レイ・アンダーソンはテキサス州ダラスあたりの,チトリン・サーキット派のソウル・ブルース歌手と思われる.こうやってアル・TNT・ブラッグズの手によってレコードを出しているし,トゥトゥ・ジョーンズとか,スモーキン・ジョー・キューベックとか,ダラスのミュージシャンのインタビューに名前が出てくるようなので,そういう人だろう.地元ではよく知られているのかもしれない.

知られざるローカル・アーティストによるパフォーマンスの貴重な記録,というところだが,出来はどうだろうか.実力を100%発揮とも言えないのではないかな.

What Goes Around Comes Aroundに針を下ろすと,何て言うんだろ,ブキミとも言える長めのイントロが始まるんだが,何を狙っているのか,よく分からない.つかみが良い,とはとても言えない.歌が始まると,まあ年季を感じさせる声で,比較的メロウにソウル・ブルースを歌う.だけどすぐイントロで使ったへんてこなリフが始まったり,女声コーラスも効果がないようだし,ただ散漫な印象が残る.曲を作ったのもアル・TNT・ブラッグズだが,楽曲が良くないなあ.

Love Must Have A Homeの方はミディアム・テンポのメロウなブルース.メロウにしすぎ,というか,力を抜き過ぎのように思わないでもないが,What Goes Around Comes Aroundよりはずっとまともなブルース曲で,こっちの方が聞ける.イントロはちょっと嫌いだけど.

両面とも割と派手なギター・ソロが入る.Love Must Have A HomeでPlay the blues, Joe!と叫んでいるようだから,前々回のR・L・グリフィンと同様にこれもスモーキン・ジョー・キューベックかなあ.

|

« 永久運動が作るブルース(2) | トップページ | 開設8周年・アナログプレーヤーの話とか »

コメント

この3枚の中では、Love Must Have A Home, が一番bluesを歌えていると思います。
この頃ダラスは仕事で行ったことがあるんですが、一体どこで音楽をやっているのかわからずしまいでした。
当時の南部はblues専門のクラブはなく、soulの店で運がよければbluesのれパートリに遭遇する程度だったと思います。ほとんど遭遇しないのですけれども。
秘法館様も確かこのあたりに行っているのではないでしょうか。

投稿: LazyDog | 2013年5月 2日 (木) 07時15分

> 秘法館様も...

以前,そのときのことでコメントをいただいたことがあります.

http://logcabin.cocolog-nifty.com/45rpm/2005/08/post_bd6e.html

R・L・グリフィンのクラブは続いているようです.

http://bluesdfw.com/clubs.htm

上のサイトは,2001年ごろよく見た(ダラスの方に出張なぞあって)けれど,クラブは減っているように思えます.

投稿: BackDoorO | 2013年5月 2日 (木) 21時20分

Bluesを謳った店は、写真を見るとバックは殆ど白人だったりして、行く気が失せた場合もありましたね。R・L・グリフィンのクラブは知りませんが。
彼はGayShelで1曲だけバシッとしたbluesがあったように記憶しています。BigBoのバンドはすばらしいですね。

投稿: LazyDog | 2013年5月 2日 (木) 23時02分

ああ,Big Boのバンドのレコード,何枚か持っています.

ダラスの音楽シーンですが,YouTubeに上がっている映像からすれば,なかなか濃厚なのをどこかでやっていたみたいです.よそ者がこれに出会うのも容易でないかもしれませんが.
http://www.youtube.com/watch?v=yewKxeuwwyE
http://www.youtube.com/watch?v=Jvhej0ak5lI
http://www.youtube.com/watch?v=Wvgfvu3ov-4
http://www.youtube.com/watch?v=uxzNKP4cFo8

投稿: BackDoorO | 2013年5月 2日 (木) 23時59分

YouTube見ると南部はいっぱいbluesをする人がいて頼もしいですね。
そういえばGreggSmithは気に入ってLPまで買ってしまったことがありました。
houstonは行ったことはないんですが、山ほどいるみたいです。日本にも連れて来られたミュージシャンが何人か居たと思います。一度もコンサートには行っていないのですが。

投稿: LazyDog | 2013年5月 3日 (金) 03時06分

Gregg SmithのLPは今となっては貴重かも.私はLPもCDも買わずじまいでした.ヒューストンは今どんな人がいるのか,あまり知りません.Truddy Lynnなんかは有名ですけど.ヒューストンの映像ないかと思ったんですが,あまり真っ黒な感じなのは見つからなくて.
http://www.youtube.com/watch?v=NXPBNiTHSTY

投稿: BackDoorO | 2013年5月 3日 (金) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/57268243

この記事へのトラックバック一覧です: 永久運動が作るブルース(3):

« 永久運動が作るブルース(2) | トップページ | 開設8周年・アナログプレーヤーの話とか »