« LPをよく聞いた頃(3) | トップページ | 史上最低の音質か? »

2013年2月24日 (日)

ホット!ただしローカル

持っているのはホンモノじゃなくて,誰かが作った複製盤.これで音は聞けるから,まあいいや.

Thomas "Little Jr." Cannaday & His Midnite Flyers, Hello b/w Sloppy Twist, Jack Pot 2053.

Jackpot2053 リトル・ジュニア・キャナデイは本当はトーマス・ケネディ(Thomas Kennedy)というらしくて,The Blues Discography 1843-1970ではKの項に出ている.だけど,レコードは大体キャナデイという名前になっている.一応デトロイトのブルース・シーンというと名前の挙がる人ではあるけれど,そう有名とは思われない.明確な個性がある方でもなく,小粒なローカル・ブルースマン,みたいな感じだろうか.

個人的には,ずっと以前に入手した1980年のこれが結構好きで,好感を持っているアーティストだ.このJack Pot盤は1962年の録音で,彼のデビュー作となるもの.これが,なかなか良いよ.

Helloは速いテンポの,1950年代のB・B・キングにありそうな感じのブルース.キャナデイの歌はB・B・キング風,なのだけれどミスター・ボーみたいな重々しいものじゃなく,いたって軽い.それで,この軽快なB・B・キング風もまた良いよ.それで,これはキャナデイ自身のギターが相当に頑張っているんだ.テクニックが凄いというのではないが,この演奏の熱さは聞き物だ.

Sloppy Twistはタイトルから容易に想像がつくような,調子の良いインストゥルメンタル.こちらもギターが熱演.

小粒でローカル,とはいえホットなギターに一聴の価値あり,というところ.

|

« LPをよく聞いた頃(3) | トップページ | 史上最低の音質か? »

コメント

↓この系統のリプロでしょうかね?
http://stores.ebay.com/PLANETBOP/Blues-R-B-Repros-/_i.html?_fsub=3680569

Stompin関係者も同じようなことをやっているようですが、いずれもビジネス的には成立しにくいと思います。道楽なんでしょうね。
過去のリプロも初回プレスだけで無くなっちゃうので、集める価値があるものもあるかな。

投稿: LazyDog | 2013年2月24日 (日) 22時42分

あ,このシリーズみたいです.見ていったら同じモノがありましたから.CDでいいんじゃないのか,と思いますが,むこうのDJとかが使うのかどうか,とにかく何かしら需要があるんですかね.私はホンモノが高すぎるとか,全然見ない,とかならリプロでいいですよ.

投稿: BackDoorO | 2013年2月25日 (月) 22時37分

DJさんたちはお金が入るから2曲10ドルでも出せるでしょうが、私はCD探しますね。もっともネットのどこかにあるのをダウンロードするとタダなんですが。

このシリーズはラベルが写真複製なので、そのうち本物かリプロか判別できないで2次流通するようになるでしょう。45鑑定団が必要な危ない時代を迎えると思います。

投稿: LazyDog | 2013年2月26日 (火) 07時15分

> 本物かリプロか判別できないで2次流通

既にそうなのかも.写真複製はピンボケではないけれど,幾分ぽやっとしてるし,盤面は時代がついてなくてピカピカしているから分かるっていえば分かるんですが.売る人が分かって明記しないとねえ.まあ,それが問題になるくらいこうゆうのを聞く人がいればって話ですけれど.

投稿: BackDoorO | 2013年2月26日 (火) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/56827007

この記事へのトラックバック一覧です: ホット!ただしローカル:

« LPをよく聞いた頃(3) | トップページ | 史上最低の音質か? »