« LPをよく聞いた頃(1) | トップページ | LPをよく聞いた頃(3) »

2013年2月10日 (日)

LPをよく聞いた頃(2)

ルイジアナ・レッド.昨年2月にドイツで亡くなって,もうすぐ1年になる.これは,彼がルイジアナ・レッドという名になる前のレコード.

Playboy Fuller, Gonna Play My Guitar b/w Sugar Cane Highway, DnL 001.

Dnl001 これは最初NighthawkレーベルのLP,Detroit Ghetto Blues 1948-1952で初めて聞いた.あったねえ,Nighthawkとか.そういうLPを聞いちゃ知識を増やしていったもんだ.

それでLPで最初にこの二曲を聞いたとき,かなり驚いたものだ.何しろボトルネック・ギターが派手で豪快すぎて.こんな,大げさに近いくらい弾いてもいいのか,みたいな.いま聞いても,このギターには一聴の価値ありだと思う.現在,この二曲はJSPレーベルの4枚組CD,Detroit Blues - Blues From The Motor City 1938-1954 (JSP 7736)によって聞くことができる.LPでもCDでもデトロイト・ブルース集に入っているとおり,1953年にデトロイトで録音されている.このDnLの45回転盤は再発で,Fullerというレーベルのものがオリジナルのようだ.

ボトルネック・ギターはマディ・ウォーターズ風,というよりマディのギターを思いっきり激しくしたような演奏だ.Gonna Play My Guitarは歌の文句にもマディ・ウォーターズが登場し,ギターもよりマディ風.歌はルイジアナ・レッドらしいところが感じられる,かな?

マディっぽさが薄れるSugar Cane Highwayもボトルネック・ギターは目立つ.このギターの迫力は,そりゃ普通じゃない.歌はギターに比べりゃ相当に地味だが,それなりに味わいがあって,聴き応えのあるデトロイト・ブルースの良作だと思う.

メンバーはプレイボーイ・フラーことルイジアナ・レッドの歌とギター,それにジェシー・リー・ウィリアムズがハーモニカ,ジョニー・ウォルターズがピアノで参加している.ハーモニカ奏者はビッグ・ジェシー・ウィリアムズという人と同じなんだろうか?

AllMusicでルイジアナ・レッドのバイオグラフィーを見たら,この人,生後一週間でお母様を亡くし,5歳のときにお父様がKKKにリンチされて死んじゃった,という経験を持っているそうだ.かわいそうな人だったんだね.

|

« LPをよく聞いた頃(1) | トップページ | LPをよく聞いた頃(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/56738350

この記事へのトラックバック一覧です: LPをよく聞いた頃(2):

« LPをよく聞いた頃(1) | トップページ | LPをよく聞いた頃(3) »