« その裏はどうなのか(2) | トップページ | 馴染んだ旋律 »

2012年10月13日 (土)

その裏はどうなのか(3)

片面はCDで聞けるけれど,もう一方はどうだろう,と思っていたらよく分からないアルバムで出ているようだ.

J.L. Smith, If It's Too Late b/w Got My Top Let Down, F-M 744.

Fm744 If It's Too Lateの方はRhythm & Bluesという10枚組CDに入っていた.Got My Top Let DownHouse Rockin' 1950s Rhythm & Blues, Vol. 2とかいうので出ているみたいだ.ということで両面ともディジタル形式でリイシューされている.後者はアマゾンのMP3で検索したら出てきたんだけれど,あまり有名なアルバムじゃなさそうだ.

1969年,シカゴで録音されたもので,メンバーは前回のレコードとかぶっている.スミスのヴォーカルに,ジョニー・“ビッグ・ムース”・ウォーカーのピアノ,フレディ・ルーレットのスティール・ギター,マック・トンプソンがベース,ドラムは誰だか分からない,という布陣になっている.

If It's Too Late
はCDで初めて聞いたのだけれど,格好良いと思った.非常に速いテンポのシカゴ・ブルースで張り詰めた雰囲気が素晴らしい.最初のうちギターを普通のギターかと思っていたが,やっぱりスティール・ギターのよう.

その裏のGot My Top Let Downはどんな曲かと思ったら,だいたいIf It's Too Lateと似たような曲で,こちらも格好良い.If It's Too Lateととの違いはブルース形式の最後を引き伸ばしてるところかな.こちらは,間奏でフレディ・ルーレットが彼らしいソロを聞かせる.時間的にはあっという間なんだけれど.

J・L・スミスは,ワン・パターンな人というイメージもあり,そう強力な歌手でもないのだが,歌に哀感のようなのがあって,どうにも捨てがたい魅力がある.このレコードの2曲もその味わいは十分発揮されているのでないかな.

|

« その裏はどうなのか(2) | トップページ | 馴染んだ旋律 »

コメント

この人 昔から人気がありますね。バンドもこの種の45の中ではタイトだし。しかしこの盤だけABが似すぎだと思います。

投稿: LazyDog | 2012年10月15日 (月) 21時51分

ところでRhythm & Bluesという10枚組CDは、元はboot(30枚x15曲)だったんですが、ダウンロード販売できるのかな? 1曲150円といえば表裏で$4くらいでしょうか。45もってたほうがいいなあ。

投稿: LazyDog | 2012年10月15日 (月) 21時56分

> ABが似すぎ

パート1&パート2だと思えばオッケーです.

> 1曲150円といえば...

CD1枚分落とすと1,500円だそうです.CDは10枚で3,000円とか,そんなもんだったような.いま45rpmで集めるよりはお手軽です.権利関係は怪しいもんですが.

投稿: BackDoorO | 2012年10月16日 (火) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/55883700

この記事へのトラックバック一覧です: その裏はどうなのか(3):

« その裏はどうなのか(2) | トップページ | 馴染んだ旋律 »