« 少しは分かった?その4 | トップページ | 少しも分からん »

2012年7月29日 (日)

少しは分かった?その5

堂々とした歌いっぷりの女性ブルース歌手だけれど,レコードは少ない.

Faye Ross, Faith, Hope And Trust b/w You Ain't Right, Round 1030.

Round1030 フェイ・ロスという人,前に採りあげたDon't Just Stand There (Trevor)は,ほとんど欠点のないようなゴスペル・ブルースの力作だった.もうちょっと聞きたい,となると他にはこのレコードしかないようだ.Trevor盤,Round盤共にケント・ハリスが作者として記されている.Trevorはケント・ハリスのレーベルだけれど,Roundはメル・アレクサンダーのレーベルだそうだ.

このRound盤は1966年くらいの録音.Faith, Hope And Trustは,軽快でポップなソウル・ナンバー.それなりに悪くないんでないの.良い声してるよなあ.

You Ain't Rightは,非常にブルージーなバラッド.定形のブルース形式ではないけれど,雰囲気でブルースと言っても良さそうな曲.楽曲,伴奏,アレンジも含め,非常に良い出来だと思う.この曲はAceのCD,Kent Harris' R&B Familyに収められている.

ケント・ハリスによれば,フェイ・ロスは南部の出身で,彼が録音した頃にロサンゼルス近辺に来た,ということだ.彼女に関し,それ以上詳しいことは分からないようだ.

|

« 少しは分かった?その4 | トップページ | 少しも分からん »

コメント

他にTrever104があるはず。近いウチに倉庫を探してきます。
dimplesのほうも、RockinR&BとJazzyなのが別にありますが、Discographyには載ってません。RockinR&Bもリイシューするほどのものでもないですね。

投稿: LazyDog | 2012年7月30日 (月) 21時35分

倉庫,ですかあ.探すの大変そう.私は整理が良くないので,量の割には盤を探すのに苦労します.Trevor 104というのはほとんど知られていないようですね.

投稿: BackDoorO | 2012年7月30日 (月) 23時07分

Faye Ross Why Do I Keep On Forgiving You - Trevor104A
Faye Ross A Long Time Ago - Trevor104B

AがDontJust…よりもスローなBluesでGtrがふんだんに入っています。
BはBlues形式ですがMidテンポのR&Bです。
歌い方は102と同様ですね。同時録音かもしれません。

投稿: LazyDog | 2012年8月 2日 (木) 23時52分

デザインも色も同じtrevorです。

投稿: LazyDog | 2012年8月 3日 (金) 00時00分

お,倉庫から探して下さいましたか,ありがとうございます.かなり純粋にブルース・シンガーな人みたいですね.この先,どこかで,この盤に出くわすことはあるのかなあ.

投稿: BackDoorO | 2012年8月 3日 (金) 19時36分

ところで、ROUNDのラベルの紙が浮いて空気だまりがみられますが、私のも同じでした。

投稿: LazyDog | 2012年8月 3日 (金) 22時22分

まさか,工場の担当者が未熟でこの盤だけ全部ラベルの接着を失敗したわけじゃ...偶然ですよね.

投稿: BackDoorO | 2012年8月 4日 (土) 21時24分

くどいようですが…
いや、その昔、私はROUNDは気に入ったので2回買いましたが、両方ともそうでした。
空気入りが標準のようです。

投稿: LazyDog | 2012年8月 5日 (日) 00時41分

へえ,そうなんですか.どうしてですかねえ.内容には関係ないことですが.

投稿: BackDoorO | 2012年8月 5日 (日) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/55309912

この記事へのトラックバック一覧です: 少しは分かった?その5:

« 少しは分かった?その4 | トップページ | 少しも分からん »