« 少しは分かった?その3 | トップページ | 少しは分かった?その5 »

2012年7月22日 (日)

少しは分かった?その4

改訂前のThe Blues Discography 1943-1970に,この人のレコードが2枚ばかり載っていて,ウェスト・コースト・ブルースか,と思って入手したらブルースではなかった.でも,この人の正体を最近知って,ああ,そうだったの,というわけで.

Marcene (Dimples) Jackson, Can't Get Away From The Blues b/w I Like The Way You Walk, Octive 107.

Octive107 あまり趣味じゃない,と思って忘れていたけれど,忘れるのは非常によくない.しっかり覚えていないとね.忘れてたせいで,同じのをもう1枚買ってしまったよ.馬鹿だねえ.

何日か前のこと,The Blues Discography 1943-1970の改訂版が届いたのだけれど,改訂版では,このマーシーン・ディンプルズ・ジャクソンの項は無くなってしまった.ブルースのディスコグラフィなら,まあ,当然だよなあ.でも,同書にはこれと同一人物の録音がまだ載っている.ディンプルズ・ハリスというのがそれで,Regent,Trend,Crestの録音が記載されている.他にもハリス姓のレコードがRomark等にあって,ハリス・シスターズという名前でCapitolにも録音している.

ディンプルズ・ハリスまたはジャクソンという人のことを,英AceのCD,Kent Harris' R&B Familyの解説を見て知った.「えくぼ(Dimples)」というあだ名のこの人は,1935年生まれのマーシーン・ハリスで,レーベル経営者兼プロデューサー兼ソングライター兼歌手のケント・ハリスの5歳年下の妹だ.彼女は,若いころからDJのハンター・ハンコックのクラブなどに出演していたようだが,1952年に初録音をしている.1957年にはミュージシャン/コンポーザーのハロルド・ジャクソンと結婚し,何年間かディンプルズ・ジャクソンとしてレコードを出している.Octiveというのはハロルド・ジャクソンのレーベルということだ.

このOctive盤,AceのCDに入っている何曲かを聞いた感じや,経歴などからすると,歌って,踊れて,ピアノも弾けるジャズ系のエンターテイナーという人みたいだ.ケント・ハリスがダッキー・ドレイクという変名で録音した曲のピアノが彼女だとすれば,ブルースも普通に出来そうではあるのだけれど.

兄ケント・ハリスと夫ハロルド・ジャクソンの作ったCan't Get Away From The Bluesはセントジェームズ病院みたいな感じの歌をジャズっぽく歌っている.一方I Like The Way You Walkは,やっぱりジャズっぽいが,軽快なR&B.こっちのが楽しくて好みかな.

1973年,最初のアルバムを録音する契約をMGMとしたけれど,癌が見つかって,それっきり還らぬ人となった,ということで運の無い人だったんだね.

|

« 少しは分かった?その3 | トップページ | 少しは分かった?その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/55257249

この記事へのトラックバック一覧です: 少しは分かった?その4:

« 少しは分かった?その3 | トップページ | 少しは分かった?その5 »