« 親父殿ではないかいな | トップページ | ワイルドだぜぇ »

2012年6月17日 (日)

命ァもたねえ

五代目古今亭志ん生という人は,ときに滅茶苦茶な高座をすることがあって,そのことを言われると,「(いつも良い演技をしていては)命ァもたねえ」なんて言ってたそうだ(飯島友治,落語聴上手,筑摩書房,1991年).

マジック・サムの新しく発見されたライヴ音源のCD,Raw Bluesが届いて,聞いてみた.期待通りのものだった.何だろうね,これは.こんなにエネルギーに溢れた音楽家がいた,ということが信じがたいことのように思われる.一方,ライヴのたびにこんな無茶してたら死ぬぞ,という不吉な感触もある.実際,そうなったのだけど.志ん生の言うことは本当で,仕事はテキトーに手を抜くときが無いと,長生きしないんじゃないかね.

マジック・サムは1969年の12月,32歳で亡くなっている.別に関係ないのだけれど,その3年前の1966年6月29日,34歳で亡くなったシンガー・ギタリストがいる.マジック・サムと同じように,エネルギッシュで才能に恵まれた音楽家だった.

Leroy Washington, Why Should I Cry b/w My True Life, Excello 2172.

Excello2172 マジック・サム聞いた,と書きたかったのと,前回からの流れでルイジアナ方面もう一人くらいいいだろ,というので,夭折したことが共通点のリロイ・ワシントンを,というわけ.

ディスコグラフィを見ると,ルイジアナ・ブルースマン,リロイ・ワシントンは1957年から1960年にかけて,30曲近い録音を残している.その傑作群は,30年も前に出たLP,Wild Cherry, Flyright LP574にまとめられていた.良く聞いたLPで,いま聞き直しても,どの曲も密度が高いなあと思う.ワシントンのスタイルを簡単に説明するなら,ルイジアナ・スワンプ・ブルースにB・B・キングっぽさを持ち込んだ,みたいなところだろうか.つやつやとして暖かみのある美声,ぱきぱきした歯切れの良いギター,と十分にスターになれる要素のあった人で,もう少し生きていればどこかでチャンスをつかみ,有名になっていたかもしれない.

1959年の録音というこのシングル盤も内容は良い.Why Should I Cryはルイジアナらしい哀愁のあるR&Bバラッド.美声を利して,この手の曲も上手い.これはFlyrightのLP574には入っていない.

My True LifeはFlyrightのLPではYou Can't Trust Nobodyというタイトルになっていた.ミディアム・テンポのブルースで,歌の表現力でもギターの的確さでも,優れた作品だと思う.歌い方は,この曲ではB・Bっぽさが感じられる.

ルイジアナ州といえば高温多湿な気候が思い浮かぶ.リロイ・ワシントンがルイジアナ州オークデイルでギグを行ったのもとても暑い日だったそうだ.堪らず,彼は,ホテルに帰ると冷たいシャワーを浴びたのだそうだ.だけどねえ,冷水シャワーは血圧を上げて危ないという話もある.ワシントンはそれで心不全を起こし,還らぬ人になってしまった.直接の原因は冷水シャワーだっただろうけど,体に悪いようなステージもしてたんじゃないか,などと思ったりする.

|

« 親父殿ではないかいな | トップページ | ワイルドだぜぇ »

コメント

59年のセッションがいっぱい残っていたのは、これらライブの一発取りのような雰囲気をジェイミラーが気に入らなかったからだと思います。パーカッションの音でも細かにこだわっていた彼が、よくぞこれら59年セッションを取ったものだと、不思議な気がします。
flyrightのジェイミラーシリーズは全部買っておくべきだったと後悔しています。Blues系はそこそこあるにはあるのだけれど。

投稿: LazyDog | 2012年6月18日 (月) 01時03分

発売を意図しない試し録りをしていたんじゃないですかね.レコードの反応が良ければもう1度スタジオに呼んで使えるマテリアルをきちんとやり直す,みたいな.

ジェイ・ミラーのシリーズはですねえ,私はブルース系以外はちんぷんかんぷん,ブルースもちらほら買い逃しがあります.でも,どうせ何でもかんでも全部聞くことはできないし,その必要もないのだから仕方ない,と思っていますよ.

投稿: BackDoorO | 2012年6月18日 (月) 20時56分

いくら音楽がよくても、レコードビジネスとしてはヒット性に欠けると取り扱ってもらえないんですね。それはMagicSamにもいえること。晩期のFunkはパットしないから、レコード街道には行けなかった。
JrWellsはちょっとJamesBrown的なことも出来たので、メジャーにもつながっていた、ということだと思います。

投稿: LazyDog | 2012年6月19日 (火) 08時09分

> いくら音楽がよくても...

おっしゃる通りなのでしょう.商品として生産されるものである以上は,そんなもんだとも思います.

マジック・サムは,噂にあるStaxとの契約で録音していれば,全然合わないような気もする一方で,何かしら展開があったのでしょうけど.

投稿: BackDoorO | 2012年6月19日 (火) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/54988961

この記事へのトラックバック一覧です: 命ァもたねえ:

« 親父殿ではないかいな | トップページ | ワイルドだぜぇ »