« ハーモニカ・ブルースの愉しみ(6) | トップページ | 親父殿ではないかいな »

2012年6月 3日 (日)

ハーモニカ・ブルースの愉しみ(7)

レイフル・ニールが1980年代になって出した2枚目のシングル盤.

Raful Neal And The Neal Brothers, Man, Watch Your Woman b/w Baby, Scratch My Back, Fantastic 103.

Fantastic103 へえ,Man, Watch Your Womanか,珍しいな.オリジナルはJ・B・レノアのParrot録音で,Chessでリイシューされていた.そのレノアのオリジナル版は,とろんとしたスロー・ブルースで,とても良くて,趣味の良い選曲だとは思う.ただ,このレイフル・ニールによるカバー,テンポがめちゃくちゃ速くなっていて,まるで別の曲のように聞こえる.メンバーの詳細は分からないが,アーティスト名に「ニール・ブラザーズ」というのが入っているから,前作同様に息子たちが中心のバンドと思われる.聞いた感じでも,「若い人の演奏」という風に聞こえる.ソリッドで,活きの良さみたいなのはあるけれど,滋味や深みの不足を感じずにはいられない.それでも親父殿の歌とハーモニカは本物の重みを伝えている.

Baby, Scratch My Backは,もちろんスリム・ハーポのヒット曲.これまた,ものすごく速くなっている.原作のゆるいノリが好きだったので,このせわしないカバーには戸惑う.勢いを聞くべきなんだろうな,このレコードの場合.

このレコードは1985年の録音で,ニールは1987年以後3枚のアルバムを残し,2004年に亡くなったそうだ.

|

« ハーモニカ・ブルースの愉しみ(6) | トップページ | 親父殿ではないかいな »

コメント

確かに最速のScratchですね。

投稿: LazyDog | 2012年6月 3日 (日) 22時51分

ホントにそうですよ.

投稿: BackDoorO | 2012年6月 4日 (月) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/54869078

この記事へのトラックバック一覧です: ハーモニカ・ブルースの愉しみ(7):

« ハーモニカ・ブルースの愉しみ(6) | トップページ | 親父殿ではないかいな »