« ハーモニカ・ブルースの愉しみ(3) | トップページ | ハーモニカ・ブルースの愉しみ(5) »

2012年5月13日 (日)

ハーモニカ・ブルースの愉しみ(4)

ちょっと時代を遡って,1962年の録音.

Jerry McCain, Jet Stream b/w Popcorn, Okeh 7158.

Okeh7158 ジェリー・マッケインのOkeh録音,伴奏しているのがメジャーな連中だとは,コメントで教えていただくまで知らなかった.このセッションに参加しているフロイド・クレイマー,グラディ・マーティンブーツ・ランドルフ,アニタ・カー・シンガーズらはThe Nashville A-Teamといって,1950年代から1960年代にかけてナッシュヴィルのセッション・ミュージシャンとして有名だった,って,ブルースしか知らないと,そういう教養がなくて,どうもいけない.カントリーの方に根っこのある人たちだそうだが,エルヴィス・プレスリーとか,ボブ・ディランとか,ジャズ方面の人々とか,ジャンルを問わず伴奏を請け負う,何でもござれの人達だったそうだ.

このジェリー・マッケインのOkeh録音を聞いていると,カントリーでもなくロックでもなく,洗練されてお洒落ではあるけれど,ちゃんとR&Bに聞こえる.

両面ともインストゥルメンタルなのだけれど,この,Jet Streamっていうのなんか,いかしてる.ハーモニカの音色からして格好良いもんなあ.何ハーモニカというのか知らないけれど,728 Texasで使っているのと同じ音色なわけ.ブーツ・ランドルフのサックス・ソロも違和感なし.

Popcornの方はちょっと,楽曲もアレンジもポップになりすぎかなあ.親しみやすいといえば親しみやすいけれどね.ハーモニカ演奏の内容も,もうひと押し欲しいような.それでも悪いということはない.

異種格闘技みたいなセッションだけど,前に採りあげたRed TopJet Streamは成功作だと思っている.

|

« ハーモニカ・ブルースの愉しみ(3) | トップページ | ハーモニカ・ブルースの愉しみ(5) »

コメント

亡くなってしまいましたね、ジェリー・マッケイン。
2005年のアルバム「Boogie Is My Name」タイトル・ナンバーは時々聴きたくなる愛聴曲です。彼の未CD化作品はイロイロあるようですね。
個人的な事ですが、私の昔の職場の同僚の親戚が、アラバマ州Gasden在住で働いてるという話を聞いて、うわぁ、ジェリー・マッケインの地元じゃないか、と興奮した記憶があります。

投稿: 輪高 | 2012年5月17日 (木) 21時57分

> 私の昔の職場の同僚の親戚...

ちょっと遠いような(笑)...しかし,珍しいですね,日本人がGasdenなんてところに.マッケインのことを知らなかったら,全然ぴんとこない地名ですよ.

2005年のはMusicMakerですか.誰かが褒めてた記憶がありますが,聞いてないんですよ.聞いてないのがいろいろあって...

投稿: BackDoorO | 2012年5月18日 (金) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/54704259

この記事へのトラックバック一覧です: ハーモニカ・ブルースの愉しみ(4):

« ハーモニカ・ブルースの愉しみ(3) | トップページ | ハーモニカ・ブルースの愉しみ(5) »