« ハーモニカ・ブルースの愉しみ(5) | トップページ | ハーモニカ・ブルースの愉しみ(7) »

2012年5月27日 (日)

ハーモニカ・ブルースの愉しみ(6)

息子のケニー・ニールの方がレコーディングが多いのだけど,親父の貫禄は示している.

Raful Neal And The Neal Brothers, Hard Times b/w Down Home Blues, Fantastic 102.

Fantastic102 ルイジアナ州バトン・ルージュのシンガー・ハーピストとしても,子供たちをブルース・プレイヤーとして育てたことでも知られるレイフル・ニール.1987年頃にアルバムLouisiana Legendを出して,それは雑誌のレヴューとかも良かったし,その頃の新録音では気に入ってよく聞いた方だった.自分の持ってるそのアルバムはBlue Horizon盤だけど,Alligatorでも再発されている.しかし,元々はSunlandレーベルのFantasticから出たのがオリジナルだそうだ.Fantasticでは,そのアルバムを出す前に2枚シングル盤を出していて,これはその1枚目.

Down Home BluesはもちろんZ・Z・ヒルで有名な,よくカバーされるあの歌.なかなか良いと思う.ニールはWhitレーベルの録音より重量感が増した,ごわごわした声で,力のこもった歌を聞かせている.タイトル通りダウンホームに仕上がっている.アンプリファイした,渋い音色のハーモニカでソロを吹いていて,そうテクニックが凄いとは思わないが,十分に味わいがある.この曲,Louisiana Legendのライナーにはヒットした,と書いてある.

軽快に始まるHard Timesは,Turning Point調の曲で,懸命に働いてるのに生活が苦しいのはなんで,と訴える歌.楽曲としては良いと思うのだけど,レイフル・ニールには題材が新しすぎじゃないかねえ.こちらもハーモニカを聞ける.

録音は1983年7月で,ショウン・ブラウンのピアノ/オルガン,レイフル・ニール・IIIとレイ・リー・シェパードのギター,ノエル・ニールのベース,ラリー・ニールのドラム,というファミリー中心のメンバーになっている.

|

« ハーモニカ・ブルースの愉しみ(5) | トップページ | ハーモニカ・ブルースの愉しみ(7) »

コメント

引っ張り出して聞いてみましたが、どうも録音するほうが慣れていない気がする。音のレベルが低いし、プロデュースは弱く抑揚がない。103(次に出てくるのかな?)の方がずっとめりはりの利いたものになっている。
もしジェイミラーのBluesUnlimitedだったらなあと思うくらい、アマチュアなれーべるですね。

投稿: LazyDog | 2012年6月 3日 (日) 07時48分

へえ,そうですか.102も103も大体同じ水準というのが私の見解です.アマチュアなレーベルってことなら,もっとヒドいのを喜んで聞いてたりしまして...もっとも,ウチにある102は,「音のレベルが低い」とは一切感じないので,何か修正して再発したのかも分かりません.

投稿: BackDoorO | 2012年6月 3日 (日) 21時17分

Raful Nealの歌自体は102の方がいいとおもいますよ。でもウチの102は103よりも6dbは低いですね。それよりも、とり方やmixが違っていて、102はほぼライブ並み、これはJames Petersonにもいえること。
このあと何かが変わったんでしょうね。103の方がラジオ・ジュークボックス向けに仕上がっていると思います。
Sunlandはのダウンホーム系といっても、Robert MilburnはFantasticよりもコンテンポラリーで、バランスもよく録音されている。Sunlandは問題なかったので、不思議です。

投稿: LazyDog | 2012年6月 3日 (日) 22時49分

妙ですね.ジェイムズ・ピーターソンでも102でも,音質に不満を感じたことはなくて,Sunlandの一連のリリースと違いはないように思います.103は確かに(微妙に)メジャーなところっぽく聞こえます.この間2年くらい経っているようなので,機械やスタジオを(エンジニアも?)新調したのはあり得ます.

投稿: BackDoorO | 2012年6月 4日 (月) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/54813526

この記事へのトラックバック一覧です: ハーモニカ・ブルースの愉しみ(6):

« ハーモニカ・ブルースの愉しみ(5) | トップページ | ハーモニカ・ブルースの愉しみ(7) »