« 浮沈(1) | トップページ | 浮沈(3) »

2012年4月 1日 (日)

浮沈(2)

ホージア・リーヴィのレコードをもう1枚.

Hosea Leavy with Calvin Leavy's Band, It's Too Early In The Morning b/w You Can't Lose What You Ain't Never Had, Soul Beat 113.

Soulbeat113 両面とも昔P-Vineから出て,CD化もされたカルヴィン・リーヴィのLP(Cummins Prison Farm PLP-701)に入っていた.The Blues Discography 1971-2000によれば1973年にアーカンソー州リトルロックで録音されたもので,ホージア・リーヴィが歌とベース,ポール・ブラウンがピアノ/オルガン,リロイ・キャンベルとカルヴィン・リーヴィがギター,パット・ブラウンがドラム,とされている.

It's Too Early In The Morningは結構速めのブルース曲.ホージア・リーヴィは終始野卑に歌い散らして,相当に騒々しい音楽になっている.声の迫力はかなりあって,深いものには欠けているとしても,この騒々しさを楽しく味わうべきだろう.

You Can't Lose What You Ain't Never Hadはマディ・ウォーターズが1964年に録音した曲.スロー・ブルースで,垢抜けないが,えぐい声,ローカル臭漂うバンドが混然となって昔からわりと好きだった.1973年という時期としてはずいぶん異色のダウンホーム・ブルースと言えるのでないか.

ホージア・リーヴィ,キャラは立っているのだが,大物とは言えなくて,P-VineのLPで聞いていた頃はシングル盤どまりのローカルな人,って感じだった.だからFedoraレーベルからアルバムを出したときは,意外な浮上だな,なんて思ったりした.

|

« 浮沈(1) | トップページ | 浮沈(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/54365946

この記事へのトラックバック一覧です: 浮沈(2):

« 浮沈(1) | トップページ | 浮沈(3) »