« ハーモニカ・ブルースの愉しみ(1) | トップページ | 7年が過ぎて »

2012年4月29日 (日)

ハーモニカ・ブルースの愉しみ(2)

この声は魅力的.

Whispering Smith & The Mighty House Rockers, Just Like A Woman b/w Hound Dog Howl, Sunland 102.

Sunland102 歌手でハーモニカ奏者のモーゼス・“ウィスパリング”・スミスは,生まれはミシシッピだそうだけれど,Excelloレーベルのルイジアナ部隊の一員としてそれなりの顔,という印象がある.そうねえ,Excelloのルイジアナ部隊の中ではスリム・ハーポみたいな大スターではなくても,LPは出しているし,欠くべからざるメンバーだったと思う.彼の,ごわごわした,野太い声の迫力は,ちょっと他の人には求められないものだし,ハーモニカだって上手い.

このフロリダのレーベルのものは,1982年11月の録音で,なかなか良い感じだ.ピアニストのヘンリー・グレイも参加して,彼が演奏の要になっている.

Just Like A Womanはアップテンポの,昔ながらのルイジアナ・ダウンホーム・ブルースになっている.うきうきするようなリズムをバックに,スミスはいつもの迫力声で元気一杯に歌っている.生ハーモニカのソロも非常に表現力豊かだ.バンドの躍動感を生んでいるのは,ヘンリー・グレイのピアノで,彼の張り切りぶりも聞き物だ.

Hound Dog Howlは同じような感じの,スミスのハーモニカを中心とするインストゥルメンタル曲.キーとテンポを決めて,あとは即興,みたいな感じだけれど,良い雰囲気ではある.

ヘンリー・グレイ以外では,ギターに18歳のクリス・トーマス,というのは注目されるだろうか.ベースはジョー・ターナーという人,ドラムはタム・トーマス,となっている.

このレコードでは元気なウィスパリング・スミスだったが,1984年には亡くなってしまい,このSunland録音が最後の作品になってしまった.享年52歳だから,もう少し長生きしていれば,良い作品をもっと残せていただろうに.

|

« ハーモニカ・ブルースの愉しみ(1) | トップページ | 7年が過ぎて »

コメント

このレーベルあるいはFantasticもichibanとなんか関係があるのでしょうかね? 似たものを感じるんですが。

投稿: LazyDog | 2012年5月10日 (木) 07時23分

SunlandとFantastic(同名異レーベルがあってややこしいですが)は同じものですね.Sunlandの「コンテンポラリー・シリーズ」がFantasticってことらしいです.

Ichibanは無関係と思われます.

投稿: BackDoorO | 2012年5月10日 (木) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/54589755

この記事へのトラックバック一覧です: ハーモニカ・ブルースの愉しみ(2):

« ハーモニカ・ブルースの愉しみ(1) | トップページ | 7年が過ぎて »