« イースト・セントルイス録音・その3 | トップページ | 追悼ヒューバート・サムリン,というほどでは »

2012年1月28日 (土)

追悼ジョニー・オーティス,というほどではないけれど

ジョニー・オーティスが亡くなったので,彼の関与したレコードのことを書くことにした.

Big Daddy Rucker featured with the Johnny Otis Show, This Is My Song b/w He Made You Mine, Hawk Sound 101.

Hawksound101 歌っているのはアーヴィン・ラッカーという人で,1950年代終わりから1970年代まで,Duplex,G.M.E.などのレーベルに30曲くらいは録音している.あまり聞いていないけれど,太い声の,ブルージーなR&B歌手というところか.彼は,1970年代に,このレコードの他,もうあと2曲ジョニー・オーティスと録音している.

This Is My Songはストリングスも入る,ちょっと甘めのR&Bバラッド.なんとなくジョニー・エイスのMy Songを思い起こす曲名だけれど,これはジョニー・オーティス作の関係ない曲.どの曲に似ている,とも言えないけれど,昔のボビー・ブランドみたいな,なかなか良い感じ.声に重量感がある.

He Made You Mineの方はマイナー・キーのブルース.こちらもボビー・ブランドがやっていそうな感じがある.落ち着きのある伴奏をバックに,味わいのある歌を聞ける良い作品だと思っている.歌に渋く絡んでくるギターはシュギー・オーティスだろう.

このレコード,The Blues Discography 1971-2000に,1971年頃の録音として載っている.レーベルのHawk Soundはジョニー・オーティス自身のもので,プロデューサーも当然ジョニー・オーティスだ.

下にお見せしたのはジョニー・オーティスの,曲名がカタカナ表記された日本盤SPのレーベル・スキャン.特別ふろくとしてご覧頂きたい.なんか解像度低くて肝心のカタカナ部分がよく見えなくなっちゃったけれど,まあいいでしょう.
Mercuryj50b

|

« イースト・セントルイス録音・その3 | トップページ | 追悼ヒューバート・サムリン,というほどでは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/53844742

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼ジョニー・オーティス,というほどではないけれど:

« イースト・セントルイス録音・その3 | トップページ | 追悼ヒューバート・サムリン,というほどでは »