« Toyo Nakamura 1932-2011 | トップページ | もしかして,ヒット?(その3) »

2011年7月23日 (土)

もしかして,ヒット?(その2)

ルディ・レイ・ムーアっていう人は,よく知らないのだけど,コメディアンで俳優とよく紹介されているから,そういう人なんだろう.

Rudy Ray Moore, Driveway Blues b/w Easy Easy Baby, Kent 363.

Kent363 ルディ・レイ・ムーアに関してはオフィシャル・ウェブサイト

http://www.shockingimages.com/dolemite/main.php

があるから,それが情報源になる.こうして見ると,アルバムもずいぶん大量に出しているんだね,へえ.あーそうそう,これ見て思い出した.昔,いや昔話が多すぎだけど,大学生の頃,あるレコード屋のブルースのところにコレが突っ込まれていて,ジャケットのインパクトにたまげたことがある.そうか,ルディ・レイ・ムーアっていうのはアレだったのか.それにしもピーティー・ウィートストロー〜ザ・デヴィルズ・サンインロウなんて文句を引っ張り出してくるのは,なんでまた,と今でも不思議だ.何だか毒気の強そう人ではあるなあ.

そのルディ・レイ・ムーアもベン・ハーパーのDriveway Bluesをカバーしている.これはテンポを上げて,ギター2本,オルガン,リズム・セクションという具合のバックで,結構モダンな感覚に仕上がっている.ムーアの歌は渋いところもあり,全体的に意外にも(?)格好良い.少なくともコレから受ける印象よりもずっとまともだ.

Easy Easy Babyという曲をムーアはBallレーベルでも出していて,このKent盤は再録音になる.ドゥワワーというようなコーラスの入る一方で渋いギターも絡む,ブルージーR&Bというところか.印象はかなり違うけれど,ジミー・ウィルソンがDukeに録音したものと同じ歌だ.こちらの出来も良いのじゃないかと思う.

ルディ・レイ・ムーアか.DVDとかも出てるから見てみようかな.

|

« Toyo Nakamura 1932-2011 | トップページ | もしかして,ヒット?(その3) »

コメント

ルディ・レイ・ムーアは、Ballの45を集めている時に(今も)何枚か手にしましたが、印象に薄いですね。
Driveway Bluesは、Harmonica Fatsのが良いかな。
話変わって、今年上半期の成果??は、リストでWalter RhodesのFestival盤とSister Mable Franklinなる人のゴスペル45を見たこと(見ただけ)。
Festival盤は、カバーのないテスト盤が存在すると聞いていたけど、何のコメントもなくさり気なく載っていましたね。本当にあるのかな?いったいいくらで落ちたんだろう。
 Sisterは、RitzyとIvoryにレコードのある人のことなんだろうか。レーベルはKangarooだって。
 ん~~、いくら考えてもタコ壺にはまるばかりで答えが出るわけじゃない。一生解決できないんだろうか。
 手に入れた人が、もしもいたら、教えてください。

投稿: 長岡 | 2011年7月26日 (火) 22時31分

> Walter RhodesのFestival盤...

ふうむ,レコードは何が出るか分かりませんねえ.repro盤でもなさそう...

> Sister Mable Franklin...

Kangarooってことで,テキサス・ローカルだから,多分そうなんでしょう,としか言えません.

投稿: BackDoorO | 2011年7月26日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/52286176

この記事へのトラックバック一覧です: もしかして,ヒット?(その2):

« Toyo Nakamura 1932-2011 | トップページ | もしかして,ヒット?(その3) »