« もしかして,ヒット?(その2) | トップページ | 豪快な新人現る,だったのか »

2011年7月30日 (土)

もしかして,ヒット?(その3)

この前いただいたコメントにあった通り,ベン・ハーパーのDriveway Bluesをカバーしているもう一人はハーモニカ・ファッツで,

Harmonica Fats, Drive Way Blues b/w My baby Didn't Come Home, Dot 16978.

Dot16978 これは1967年の録音だそうだ.1960年代にハーモニカ・ファッツが残したシングル盤作品は,大体にぎやかなロッキン・ブルース/R&Bで,彼の歌はちょっと作った声のようだけど,ワイルドさを出そうとしたもので,個性という点では統一感がある.

さて,Drive Way Bluesだけれど,原曲よりは速めだけど,本人比ではゆったりめに仕上がったナイス・ブルースになっている.オリジナルのベン・ハーパー,ロイ・ミルトン,ルディ・レイ・ムーア,このハーモニカ・ファッツと4バージョン比べると,ハーモニカ・ファッツは歌の上手さ自体では正直なところ4番目じゃないかと思う.でも,上手くなくてもワイルドな歌いっぷりが聞いていて楽しい.良いハーモニカ・ソロも聞けるし,メンバーは分からない良くまとまったバンドの演奏とも一体感がある.ホーン・アレンジはロイ・ミルトンのバージョンをお手本にしているかな.

My baby Didn't Come Homeは,ハーモニカ・ファッツならではのロッキン・ブルースで,彼のこの手の作品でこれ以上は無いだろう,と思うくらい良くできている.躍動感ある分厚い伴奏をバックに,歌,ハーモニカともに熱い.ブルース&ソウル・レコーズ誌92号の「ハーモニカ・ブルース 知られざる名演24選」に入ったのも当然というところ.

|

« もしかして,ヒット?(その2) | トップページ | 豪快な新人現る,だったのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/52349554

この記事へのトラックバック一覧です: もしかして,ヒット?(その3):

« もしかして,ヒット?(その2) | トップページ | 豪快な新人現る,だったのか »