« はらはらクリスマス | トップページ | 謹賀新年 »

2010年12月31日 (金)

Quest for CDs Part 4

年末に届いたCDは,シカゴにあったChiefレーベルのコンピレーション.

V.A., The Best of Chief Records Volume #1, Chief CRCD-7000.
V.A., The Best of Chief Records Volume #2, Chief CRCD-7001.
V.A., The Best of Chief Records Volume #3, Chief CRCD-7002.

ChiefレーベルのChief_cd_v1レコードは,Jewel経由でリイシューされたものが結構あるが,出ていないものがある.この3枚には,おそらく初CD化,と思われるものが入っている.

このシリーズに飛びついたのは,メルヴィン・シンプソンのChief録音が入っているから.メルヴィン・シンプソン,昔P-Vineから出たLP,Chi-Town Blues & Soul(P-Vine PLP-9005/9006)に入っていたMar-V-Lus!の未発表録音4曲,中でも2パートに及ぶSo Hardというのが凄かった.当然,もっと聞かせろ,ということになる.ディスコグラフィーにはChiefから出たシングル盤1枚が記載されていて,どうなんだろ,と知りたくなるわけだが,これがなかなか聞けなかった.前に書いたとおり,Chiefレーベルから出たブルースはJewel経由で結構出たのだが,例えばP-Vineの「シカゴ・ブルースの25年」などにもシンプソンのChief録音は残念なことに入らなかった.盤がレア過ぎて,関係者が誰も音源を持っていなかったからではないか,などと想像するのも楽しい.

さて,Volume #3に入っているそのメルヴィン・シンプソンのTry And UnderstandI Love My Babyの2曲,期待通りの作品だった.Mar-V-Lus!の未発表録音よりは4年くらい前の録音で,Mar-V-Lus!のものよりはやや若さ,未熟さは感じられる.それでもTry And Understandは濃密なスロー・ブルースで,さすがの実力を見せている.この人,どうしてもっと録音せんかったかね?

他では,リリChief_cd_v2アン・オフィットのChief録音はアール・フッカー絡みで出ていたのだが,フッカーがよく聞こえないTroubles(Volume #2)もCDでは初めてじゃないかと思う.これも彼女のベストじゃないかというくらい良い出来だ.それから,JVというレーベルのシングル盤で名前を覚えたフランク・バトラーという人のChief録音も初めて聞けた(これはVolume #3).

CDはブルースだけでなく,Chiefレーベルから出たものを幅広く収めている.ドゥーワップ・グループや,R&Bインストなども入っているが,そういうのにブルースっぽさを見つけるのも面白い.というか,その手のものの間にはさまるとジュニア・ウェルズとかアール・フッカーとかのドロドロぶりが一層引き立つ.

てなことを考えながらCDを掛けていると,衝撃で飛び上がりそうになる.エルモア・ジェイムズのThe Twelve Year Old Boyが始まるからだ.エルモアの声といい,ウェイン・ベネットのギターといい,これはどう考えたって特別な音楽だ.時代と共に人の音楽に対する好みが変わったとしても,エルモアのThe Twelve Year Old Boyが誰にも聞かれなくなる日などは来ないだろう(と思いたい).大体,可能なのか?エルモア・ジェイムズのThe Twelve Year Old Boyを聞かずに生きていくってのは.いや,エルモアって何だ,というのが普通の人だから,生物学的には聞かなくても大丈夫な筈なんだが,自分には考えられないことだ.ま,この曲に関してはもちろん他のCDで良い音で聞けるけれど.

CDの作りは録音Chief_cd_v3データや解説はないし,会社の住所もURLも電話番号も記載されておらず,見るからに海賊盤っぽい.音は原盤からダビングしているようだが,意外と聞きやすい.収録曲についてはフランク・スコットのRoots & Rhythm社のサイトを見ればわかる.

http://www.rootsandrhythm.com/roots/New_Releases/latest_101410.htm#VARIOUS

|

« はらはらクリスマス | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/50453615

この記事へのトラックバック一覧です: Quest for CDs Part 4:

« はらはらクリスマス | トップページ | 謹賀新年 »