« ニューヨークの喧騒・その3 | トップページ | ニューヨークの喧騒・その5 »

2010年12月 5日 (日)

ニューヨークの喧騒・その4

バスター・ブラウンのレコードでは,これもなかなか良いと思う.

Buster Brown, My Blue Heaven b/w Two Women, Serock 2005.

Serock2005 Two Womenはアップテンポの,非常にノリの良いリフを持ったロッキン・ブルース.ソリッドなリズム,豪放な歌い方,ハーモニカ,歌に適切に応答するギター,ホーンが良く調和して,傑作だろう.ちょっと忙しすぎるように思わないでもないけれど.

その裏側の,こっちがA面のようだが,これはちょっと不思議なもの.賑やかなイントロで威勢の良く始まるが,これがタイトルのとおり日本国でも親しまれた「私の青空」なのだ.ただ,ブラウン向けに相当に改作されていて,よく気をつけて聞いていれば確かにMy Blue Heavenかもしれない,とようやく気づくような,そんな感じ.無茶なアレンジだと思うけれど,面白いとは言えるかも.

The Blues Discography 1943-1970によれば1963年にニューヨークで録音されたもので,伴奏者のメンバーは分からない.

|

« ニューヨークの喧騒・その3 | トップページ | ニューヨークの喧騒・その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/50220498

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークの喧騒・その4:

« ニューヨークの喧騒・その3 | トップページ | ニューヨークの喧騒・その5 »