« Quest for CDs Part 2 | トップページ | ニューヨークの喧騒・その1 »

2010年11月 5日 (金)

Quest for CDs Part 3

以前,コメントで,Jericho AlleyというタイトルでFlashレーベルのコンピレーションCDが出る,と教えていただいた.Flashレーベルのコンピレーションって,昔,日本盤(P-Vine)で2枚組のLPで出たからなあ,新鮮味はちょっとなあ,なんて思いつつもそのシリーズを買ってみた.

V.A., Jericho Alley Volume 3, Flash CD-103.

Flashcd103 このシリーズ,Vol.1はFlashレーベルのものを収めているが,Vol.2以降はウェストコーストの小レーベルに録音されたブルースを色々集めたものだった.その内容は,まあ手の届くものもあるけれど,ワタクシ的には価格の点で無理っ!という盤の音源がちらほら入っていて,ありがたいCDになっている.

当ブログで取り上げた曲ではガス・ジェンキンスのGonna Take Time, You'll Be The One, You Used Meが入っている.やはりこの3曲はレベルが高いと改めて思う.リトル・ジョー・ブルーのDirty Work Going Onも入っている.もっとも,このブログで書いたのはCheckerの再発盤だったけれど,同じものだ.他にも,これは持ってる,という曲がいくつかある.

ウチにないのは,エイス・ホールダーの6曲,ハーモニカ・スリムの2曲などで,この辺は,かなりいいお値段になると思う.カーティス・グリフィンがC・C・グリフィンと名乗って出したJoyce盤なども珍しそうだ.レコードの値段がどうだ,とかより内容が大事だが,C・C・グリフィンもハーモニカ・スリムも良いと思う.

このCD,音はシングル盤から取っていて,原盤のコンディションがさほど良くないものもあって,音質が悪いのは難点だ.

|

« Quest for CDs Part 2 | トップページ | ニューヨークの喧騒・その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/49945842

この記事へのトラックバック一覧です: Quest for CDs Part 3:

« Quest for CDs Part 2 | トップページ | ニューヨークの喧騒・その1 »