« 歌手とセッション・マン(3) | トップページ | Quest for CDs Part 1 »

2010年10月24日 (日)

同じ番号,同じでない中身

デリラという女性歌手,Shirleyでもう1枚レコードを出している.

Delilah, Packin' Up b/w Pledging My Love, Shirley 116.

Shirley116b レコード番号は前回のA Worried Feelin b/w I'll Rock You Babyと同じ116番なのがややこしい.番号は同じだが,内容は全然違い,A Worried Feelin...の方は両面とも純ブルースだったのに,こちらはブルースのレコードとは言いにくいような感じ.それでも,出来が悪いということはない.

1960年代前半のもので,Packin' Upはブルース・バラッド,というより,初期ソウル・バラッドと呼べるような曲.雰囲気やメロディーは非常にブルージーだから,ブルースの範疇に入れてもまあオッケーではある.これはCDに入っていた(Don't Freeze On Me, El Cerrito 01005).

Pledging My Loveはジョニー・エイスの曲だけれど,かなり速いテンポの快活なR&Bにアレンジしているので,ちょっと聞くとそれとは気がつかない.曲名,作者を見て,あれ,そう言えば,という感じ.

伴奏のメンバーなどは判らない.The Blues DiscographyではA Worried Feelinとは別のセッションとなっていて,確かにそうだろうな,と聞いた感じで思う.

|

« 歌手とセッション・マン(3) | トップページ | Quest for CDs Part 1 »

コメント

またまたご無沙汰しておりました。
昨日ここ数か月分のアップを見させていただきました。
素晴らしい内容ですね、ブルースへの愛情がこぼれ出ています。
幾つか僕の気が付くことを。
まず、この女性シンガーは多分発音的には「デライラ」が近いかと・・・。
SHIRLEYの2枚の他に僕が同一人物では?とにらんでいるのが
New Horizon NH109/110
A : Delilah
Once every year
B : The Believers
Once every yeaar
です。
サウンド的には60年代中期のソウル・バラッドで、かなりディープに歌っています。
声がかなり似ています。
歌詞はクリスマス関連です。
レーベルはラスヴェガスのアドレスがあり、何とグリーンワックスです。
裏は曲名が同じですが、違う曲です。
グループの中に女声も聞こえますが、デライラの声や唱法とは明らかに違います。
可能性はかなり高いと思います。
もしこれが彼女だとすると娼婦→ラスヴェガスの歌姫?

投稿: むらたまこと | 2010年12月 6日 (月) 16時08分

> 素晴らしい内容ですね、ブルースへの愛情が...

へへっ,照れますね.

> SHIRLEYの2枚の他に僕が同一人物では?とにらんでいるのが
> New Horizon NH109/110

ほう,同名の歌手の盤が他にもあるようだな,とは思っておりました.ラスヴェガスですか.どこかで聞けたら聞いてみたいものです.情報ありがとうございます.

投稿: BackDoorO | 2010年12月 6日 (月) 20時30分

このシンガーの「その後」です。
今はオーストラリアはシドニーのクラブでジャズやブルースを歌っているようです。
複数の情報から、間違いなくこの人のようです。
分かりやすいサイトとして
http://www.myspace.com/delilahsings/music/songs/Packin-up-written-by-Delilah-53736354
をあげておきます。
New Horizon盤も間違いなく、彼女の作品のようです。

投稿: むらたまこと | 2010年12月21日 (火) 22時39分

> 今はオーストラリアはシドニーのクラブでジャズやブルースを歌っているようです。

な,何ですって!これは,Packin' Upを歌っているのですから間違いありませんね.どんな経緯があったのか知りませんが,シドニーとは,また,ずいぶん意外なところじゃありませんか.この人の顔写真を拝めるなんて,考えもしませんでしたよ.

オーストラリアの国民歌ワルチング・マチルダまでやっていて,すっかりオーストラリアに溶け込んでいるようですね.へえ,こんなことがあるんですかね.

いつもながら驚きの情報,ありがとうございます.

投稿: BackDoorO | 2010年12月21日 (火) 23時45分

このデライラさん、Dealia Copeland と同じかもしれないな、と思い出しました。こちらはZeke Strong楽団で、もっとおしとやかな歌い方ですが、似てるといえば似ているか。まあデライラはよい意味ではつけない名前だから、あんまりいないだろうということで、そう思ったのですが。

投稿: LazyDog | 2012年5月18日 (金) 23時46分

> Dealia Copeland と同じかもしれないな、

DealiaのもじりでDelilahですか.ロン・バジャー/ジョニー・ハーツマンのところからジーク・ストロングのところへ,となればレイ・エイジーの例があるし,ないとは言えませんね.コープランドという人を聞いたこと無いので,ちょっと結論はできませんが.

コープランドの録音した曲の第名は見覚えがあります.ジーク・アンド・ジェネヴァのEvery Woman Has A Rightと同じなんでしょうねえ.ジーク・アンド・ジェネヴァを聞いて,ジーク・ストロングってえのは悪声だなあ,などと思ったもんです.

投稿: BackDoorO | 2012年5月19日 (土) 20時42分

Zeke Strong はEvery Woman Has A Rightを3人の女とやってるんです。Dealiaも含めて。

投稿: LazyDog | 2012年5月20日 (日) 23時53分

> Zeke StrongはEvery Woman Has A Rightを3人の女と...

へえ,そうなんですか.相方が誰になっても,さほど売れたとは聞かないのは,やっぱりジークさんの方に原因が...

投稿: BackDoorO | 2012年5月21日 (月) 20時49分

Zekeさんの評価 低いですね。彼のやっていたPROGRESSはなかなかデキのよいLabelだと思いますよ。ただblues中心ではなくイロイロですから、out of scope かもしれませんが。

投稿: LazyDog | 2012年5月21日 (月) 22時34分

> Zekeさんの評価

あの方はアレンジャーとして大変優秀だったと思っていて,「デュエットで歌ったりしなければいい人なのにねえ」と言いたいわけでして.

投稿: BackDoorO | 2012年5月22日 (火) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/49833913

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ番号,同じでない中身:

« 歌手とセッション・マン(3) | トップページ | Quest for CDs Part 1 »