« 流行歌も俺流で | トップページ | 当然のヒット作 »

2010年5月30日 (日)

サックス奏者,レーベル・オウナー,ブルース(?)マン...

ジョン・リトルジョンがデビュー録音をしたMargaretレーベルだが,リトルジョン以外のレコードはレーベル所有者のメナード・ロジャーズによるものだった.

Menard Rogers And The Players, Ain't Nothing But A Titty b/w O' My Love, Margaret 995.

Margaret995 メナード・ロジャーズのレコード,The Blues Discography 1943-1970には載っていない.彼の録音を少しだけ聞いた感じでは,確かにちょっと,ブルース屋と呼ぶには微妙なんだよなあ.おそらくジャズとの縁が濃い人で,ブルース形式の曲をやっても何かジャジーで,根っからのブルースマンと言うタイプでもないみたいだ.してみるとブルースのディスコグラフィーから落ちるのも仕方ないが,でもブルースの方に分類しないと,何のジャンルだか分からない,という位置づけの人のようでもある.

タイトルでひるみそうになるAin't Nothing But A Tittyだが,スウィンギーな,最初と最後にロジャーズの語り(漫談?)が入る,ほぼインストゥルメンタルのブルース曲.シリアスなブルースの合間に,気楽に,息抜きに聞くには良いんじゃないかと思う.メンバーなどは分からないが,途中,ちょっと良い音色のギター・ソロも入る.このような曲をやるんだから,そりゃ,ブルースの人なんだけど,でもジャズっぽくもある.

ひっくり返してO' My Loveの方はR&Bバラッド.ルイジアナ辺りのR&Bバラッドを荒っぽくした感じかな.まあ,あまり歌が上手い人でもないね.

録音データは分からないけれど,1960年代中頃のものだと思う.メナード・ロジャーズは1982年頃,Music From The HeartというレコードをこのMargaretレーベルから出したそうだけれど,相当にレア盤だろう.CDでは,良く分からないヘンなリイシュー盤にぽつりと入っていたりするようだ.

|

« 流行歌も俺流で | トップページ | 当然のヒット作 »

コメント

メナードロジャースとは、また「渋い」ところを・・・(笑)。
彼の「Music from the heart」(Margaret 996)は、彼のピアノに向かったナイトクラブ・シンガー然としたモノクロの写真がジャケットに使われた8曲入りのアルバムです。
リリース年月日の記載はありません。
収録曲はJust a little smile, How sweet it is, To be in love with someone, Coming home baby, No matter where youu may be, I am for you, Oh my love, Ain't nothing but a tittyです。
で、僕はこれのオリジナルとなる12インチのアセテート盤も持っていて、それは片面のみ録音の
It ain't nothin' but a titty, Oh my love, Coming home baby, Just a little smile
の4曲入りです。
ジャケットはもちろんありません。
一部違うミックスのように聞こえる曲もありますが、たぶん音質の悪さゆえでしょう。
シングルでいえうと、マーガレットでは994,995,996,998と持っていますが、997は?です。
998はドラムボーイ(Drum Boy)の110と同じですが、111もあってタイトルが「No matter where you ...」と他とダブらないので買おうかどうか迷ってはいます(笑)。
彼の略歴ですが、1929年にミシシッピー州ダンカン(Duncan)の生まれ。
1946年からはメンフィスでプロの音楽生活に入り、1953年にはドイツに駐留、54年からまたメンフィスに戻り主にナイトクラブで歌い、58年からシカゴに活動の場を移したんだそうです。
1964年からサックスを吹き始め、ハウリン・ウルフのバックでの録音もあるそうですよ。本当でしょうか?
ハウリン・ウルフに書かれたものの中にメナードの名前が出てきた記憶は無いのですが・・・。

投稿: むらたまこと | 2010年6月13日 (日) 15時14分

> これのオリジナルとなる12インチのアセテート盤も持っていて...

また,どうして,そんなものを...いつもながら驚かされますよ.

> 997は?

Margaret 997はリトルジョンのレコードですね.特に珍しくなさそうですから,むらたさんはお持ちでしょう.

> ハウリン・ウルフのバックでの録音もあるそうですよ。本当でしょうか?

彼が参加と,ちゃんと確認されているセッションはないようですね.Unknownな人がはいっているセッションで,サックスの一人とかね.同姓のArnold Rogersっていう名前のあるセッションがありますが,まさか,チェスの人が名前を間違えたとか.

貴重な情報ありがとうございます.

投稿: BackDoorO | 2010年6月13日 (日) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/48496580

この記事へのトラックバック一覧です: サックス奏者,レーベル・オウナー,ブルース(?)マン...:

« 流行歌も俺流で | トップページ | 当然のヒット作 »