« シカゴとパリとシャーロット | トップページ | ジェイムズ・スコット・ジュニアのこと »

2010年5月 2日 (日)

Five Long Years

このブログは2005年4月28日に始めたので,もう5年になった.この形式でやっていけば惰性でも続くはず,と思って始めたのだけれど,案外続いたもんだ.もう,ここいらでやめて,音楽ネタでも別のやり方で,と何度か考えたのだけれど,45回転のアナログ盤のこともなかなか面白くてね.5年の間アクセス数はさっぱり増えないから,他人様はあまり関心が湧かないのだろう.そりゃそうだ,古い音楽だからいまどきのカジュアルなファンには意味不明だし,そのうえ簡単に聞けないようなのばかり選っているんだからねえ.因果とそういうのが好きな性分でねえ.すぐにひょいとダウンロードできるような音楽の話でも書かなきゃ本当は相手にされないだろうけど.

さて,5年間といったらFive Long Yearsだ.何かFive Long Yearsやってるレコードがあんだろ,と思ったらコレがあったよ.

Willie Cobbs, Don't Say Good-Bye b/w Five Long Years, C and F 3000/1.

Candf3001 Five Long Yearsはもちろんエディ・ボイドのアレだ.このウィリー・コブスのバージョンはオルガンとホーンの入った厚みのある伴奏が付いて,ずっしりと重みが感じられる.歌手としてはそれほど強力ではないのだけれど,ナイス・バージョンではないか.

Don't Say Good-Byeは,コブスの有名曲You Don't Love Meと同じメロディー,同じようなリフを使った曲で,テンポは結構速い.得意のパターンだから悪いことはないけれど,もうちょっと他の芸はないのか,と言いたいところ.

1962年のメンフィス録音で,メンバーは次の通り.

  Willie Cobbs, Vo;
  Willie Mitchell, Bowlegs Miller, tp;
  Bill Harvey, ts;
  Prince Conley, gtr;
  unknowns, saxes, org, b, d.

|

« シカゴとパリとシャーロット | トップページ | ジェイムズ・スコット・ジュニアのこと »

コメント

5周年おめでとうございます!
5年なんてアッというまですね。
これからも末永くお続けください。
たしかに聴きたくても聴けないというのはありますが、
聴きたいものを頭の中にインプットしておくのも悪くない
と思います。

投稿: t-42 | 2010年5月 3日 (月) 17時14分

> 5周年おめでとうございます!

いつもありがとうございます.

> 5年なんてアッというまですね。

本当にそうですね.記事の数はそれなりに貯ってきたので,何かの記事が誰かの役に立ちはしないか,と思っているんですが,どんなもんですかねえ.

以前,さる人が「歳をとると1年が速い,1年に3回くらいお正月がくるようだ」なんてぼやいてましたが,本当に近頃はそんな感じです.

それでは,これからもよろしくお願いします.

投稿: BackDoorO | 2010年5月 3日 (月) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/48243459

この記事へのトラックバック一覧です: Five Long Years:

« シカゴとパリとシャーロット | トップページ | ジェイムズ・スコット・ジュニアのこと »