« DJの知るニーズ | トップページ | シカゴとパリとシャーロット »

2010年4月17日 (土)

長老と新人

話題のつながりの点でボブ・フリーニー(ベース)とキング・エドワード(ギター)が伴奏したボニー・リーのBlack Beauty盤にしようか,と思ったけれど,聞いてみるとどうもぴんと来ない.そこでボニー・リーでも別の盤にすることにした.

Bonnie (Bombshell) Lee, My Man's Coming Home b/w Fast Life, Ebony 1050.

Ebony1050 ボニー・リーはアルバムを何枚か出したし,日本国にも来たことがあるしで,知名度は高そうだ.シングル盤もそれなりにある.その中では,サニランド・スリムのAirwayから出たものは,リイシューもあるが,特に良かった.

このEbonyレーベルのものは彼女のデビュー録音で,The Blues Discographyは1960年頃の録音としている.ボニー・リーは1931年生まれというから,アラサーくらいの頃か.メンバーは,
  Bonnie Lee, Vo;
  Jesse Lee Freals, ts;
  Jimmy Reece, org;
  unknown, d.
ということらしい.これ以外にベースは入っているけれど,ギターはいない.

レーベルの,曲名の下に,“Swinging Jazz Blues”なんて書いてあって,何だこりゃ,と思うのだが,聞いてみると本当に両面ともスウィンギーなジャズ・ブルース風になっている.ギターはないからサックスが奮闘していて,間奏のソロも担当する.後の録音と大分様子が違うし,ダウンホームなシカゴ・スタイルがボニー・リーには合う印象があったので,入手した当初は違和感があった.それでも,これもアリかな,と今は思っている.

Fast Lifeというのは中くらいか,やや速めのテンポのブルース.ボニー・リーは小気味の良いシャウトを終始聞かせていて,この活きの良さは十分にオッケーではないかな.歌い出しで"I wonder why..."と始まるので一瞬Will My Man Be Home Tonightを思い出す.

My Man's Coming Homeの方は速いテンポの曲で,ジャジーに展開するが,途中で伴奏を止めて,プリーチャーと会衆みたいな教会風コール・アンド・レスポンスを入れるのがちょっと変わっている.ジュニア・パーカーがDriving Wheelでやった,あれをもっと引き延ばしたようなものだ.

レーベルのEbonyは,いくつか同名異レーベルがあるようだが,J・メイヨ・ウィリアムズが戦後に運営していたレーベルだ.もちろんウィリアムズはレコード・ビジネス界の大有名人で,1920年代からプロデューサーとしてParamount,Vocalion,Deccaで偉大な業績を挙げている.戦後は自分でレーベルをいくつか運営したが,Ebonyではこれといったヒット作は出なかったようだ.1894年生まれ,かつて幾多のスターを送り出して来た海千山千のウィリアムズ,活きの良い新人歌手に対する期待の程はどうだっただろうか.

|

« DJの知るニーズ | トップページ | シカゴとパリとシャーロット »

コメント

きっと戦地から彼が帰ってくるイメージでしょうね。60年にしては古臭い曲だといえるでしょう。モチーフは朝鮮戦争か? 
BonnieLeeはWW2でもB52の機体にも描かれたバーチャルピンアップアイドルだったと思います。 Bombshell は弾頭の意味かな? 彼女の頭か胸か? 日本で見た人はどう思ったか聞いてみたいな。  

投稿: blues walker | 2010年4月20日 (火) 09時24分

コメントありがとうございます.

> きっと戦地から彼が帰ってくるイメージでしょうね。

この歌に関してそれほど歌詞に注意を払っておりませんでした.もう少し単純な歌かと思っていましたが,なるほど,そういうことかもしれません.朝鮮戦争はときどき戦後ブルースにでてきますから,そんな狙いですかね.

> BonnieLeeはWW2でもB52の機体にも描かれたバーチャルピンアップアイドル

えええっ,何ですって?おばちゃん化した後の姿から知らないので想像もつきません.えらいことを御存じでらっしゃいます.

Bombshellというのは歌い手としてパンチのあることを言いたかったのではないか,と思っておりましたが,どうなんでしょう.

投稿: BackDoorO | 2010年4月20日 (火) 20時20分

B29のまちがいですね。ボニーリーという女優さんに顔が似ていたのかと思います。このボニーリーがアイドルとは思えません。ありふれた名前でアイドル的にあちこちで使われたんでしょう。
あらためてBombshellは巨乳系だと想像します。

投稿: blues walker | 2010年4月20日 (火) 22時04分

ああ,びっくりした.1931年生まれというから,WW2だと歳からいってもちょっと違うでしょう.

テキサス南部の昔のブルースとつながっていた人なのかもしれなくて,その辺は気になる面もある人です.御説の巨乳で売っていたかどうかは,まあ,娘時代ならあったかも.

投稿: BackDoorO | 2010年4月20日 (火) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/48112155

この記事へのトラックバック一覧です: 長老と新人:

« DJの知るニーズ | トップページ | シカゴとパリとシャーロット »